モテる為の外見磨き

日焼け男子がモテる理由と具体例を紹介【日サロ歴1年半】

 

色白がモテるのか、はたまた日焼けがモテるのか。

永遠の議題の1つです。

女性に関しては色白の方がモテると断言出来ますが、男性に関してはいささか意見が分かれますね。

ただ、日焼けの方がモテると断言します。

日焼けはモテる

日焼け

結論からですが、日焼けはモテます。

もし、あなたが色白なのであれば、日サロに通って肌を焼くのが良いですね。

僕は約1年半くらい日サロで肌を焼いてます。
月に1〜2回くらいなので、肌にも負担をかけていません。

日焼けがモテる理由は以下の通りです。

・健康的に見える
・筋肉の凹凸がはっきりする
・細く見える
・チャラく見える
・男らしく見える

詳しく解説します。

健康的に見える

日焼けだと健康的に見えます。
というか、色白過ぎると不健康に見えますよね。

日焼けしている=アクティブに活動しているというイメージを与えるので、第一印象も良いと思います。

色白過ぎると「家に引きこもってるのかな」と思われてしまいます。

以前、女の子は男に強さを求めると書きましたが、健康も強さの一種です。

筋肉の凹凸がはっきりする

肌が黒いと筋肉の凹凸がはっきりします。
黒人がマッチョに見えるのは、肌の色が黒いのも理由の1つですね。

なぜ、ボディビルダーの大会に出場する人はあれほど肌が真っ黒なのか?

筋肉の凹凸がはっきりするからです。
彼らは日焼けをした後、大会直前にさらに肌をより黒くするスプレーをかけています。

もし、あなたが自分の体に自信がなくても肌を黒くするだけで、多少は筋肉質に見せる事が出来ますよ。

細く見える

さらに、日焼けは体型を細く見える効果もあります。

あなたもなんとなくイメージあると思いますが、デブ=色白のイメージありませんか?
あんまり日焼けのデブっていないと思います。

いや、実際にはいるんでしょうけど、日焼けだと顔も体型も細く見えるので、多少得してる部分あるんですよね。

夏にギャルが肌を焼こうとするのも、水着になる事を想定して細く見せようとしてるんです。

チャラく見える

チャラく見えるのはモテるためには必要な要素です。

真面目系の路線を目指す人には悲報ですが、チャラそうな人はたいがいモテてます。

それは、なんだかんだ女性はチャラい人が好きだからですね

表面上は「チャラ男は嫌い」というのですが、本音は好きなんです。
女性は人気のある男に集まる傾向があるので、チャラ男はなんだかんだモテます。

あなたの周りのチャラそうな人って、やっぱりチャラいと思います。

なので、肌を黒くしてチャラく見せるのは、実はモテについては重要なんです。

女の子から「チャラそう」と言われるのは、実は脈ありのサインでもあるので、肌を黒くしてチャラいと言われましょう。

男らしく見える

日焼けは男らしく見えます。
理由は運動やってそうだからですね。

中学、高校の時、夏になると運動部所属の人は日焼けして真っ黒になります。
女の子の脳内で「肌が黒い=運動部っぽい=男らしい」と、勝手に変換されます。

男らしいのも、女の子が求める強さの象徴ですよね。

答えは抱かれたい男ランキングにあった

木村拓哉

画像出典元:Johnny's net

ここまで、日焼けがモテる理由をお話ししてきました。

さらに、日焼けがモテるという主張を強める根拠があります。

それは、抱かれたい男ランキングの顔ぶれです。

以下は、2019年度の実施されたランキング結果です。

1位:斎藤工
2位:西島秀俊
3位:松坂桃李
4位:向井理
5位:福山雅治
6位:田中圭
7位:竹ノ内豊
8位:山下智久
9位:吉沢亮
9位:木村拓哉(同率9位)

顔ぶれを見ると、想像以上に日焼けの俳優が多いのが分かります。

そして何より、長年抱かれたい男ランキングでナンバー1の座にいた木村拓哉さんは、日焼けした肌がトレードマークでした。

EXILEが証明済

ダンスボーカルユニット「EXILE」の面々って、ほぼ全員肌を焼いてます。

他の音楽グループとの差別化もあると思いますが、日焼けがモテるという考えの元に、メンバーは焼いているのだと思います。

僕の経験上、日焼け男子が好きな女の子は、高確率でEXILE系の音楽ユニットが好きですね。

1年半くらい焼いてます

僕はかれこれ1年半くらい日サロに通って、肌を焼き続けています。

焼きすぎると皮膚癌になるリスクがありますが、適度に紫外線を浴びるのは健康にも良いと言われています。

僕の場合、普段はデスクワークで日光を浴びる機会があまり無いので、日サロに行ってもシミなどは出来ていません。

ただ、ぶっちゃけ日焼けしてモテたのか?と言われると、よくわからないが本音ですね。

しかし、肌を焼いて黒くしたことで自信も付いたので、結果的にはモテるようになったのかなと思います。

色白好きの女性には好かれないですが、日焼け好きの女性には好かれてるはずなので、どちらかに絞った方が良いと思います。

続いて、日サロでの焼き方について解説します。

日サロに必要な物

まずは、初めて日サロに行く際に何を持っていけばいいのか?

以下に紹介する物があれば大丈夫です

  • 化粧水
  • 乳液
  • サンオイル
  • タオル

日サロによってはサンオイルやタンニングジェルが持ち込み禁止の場合もあります。

その場合は、店から提供されるサンオイルを買わなければなりません。

といっても100円くらいですね。

化粧水や乳液が必要なのは、日焼け後は非常に肌が乾燥します。

なので、肌荒れしないためにも化粧水や乳液で肌に潤いを与える必要があります。

まずは下地作り

必要な物を用意したら、いざ日サロに行きましょう。

日サロに行く目的は人それぞれだと思いますが、日サロで出来る事は「肌を黒くする」事だけです。

ただ、全く日焼けしていない人が日サロに行って、その日に小麦色になるわけではありません。

日サロと日焼けの仕組み

そもそも日サロというのは、紫外線を浴びた肌がさらなる日焼けから肌を守る為にメラニン色素を生成する原理を利用しています。

黒人は生まれつきメラニン色素の量が多く、白人はメラニン色素の量が少ないです。

このように肌の色はメラニン色素の量で決まります。

日サロに行ったからといって急激にメラニン色素が増える訳ではないので、段階を踏む必要があります。

俗に言う「小麦肌」は、2週間もあれば手に入れる事が出来ます。

ただ、2週間で平均3回~5回ほど日サロで焼く必要があります。

色白な人ほど、回数が多くなると考えてください。

注意

また、日サロは連日での使用は絶対にやめて下さい。

日焼けは軽い火傷状態なので、かなり肌に負担がかかってしまいます。

最低でも1日、理想は2日、3日空けて下地を作っていきましょう。

日焼けのコツ

次に日焼けのコツです。

ジェルを塗る

必ず日焼けマシンに入る前に、タンニングジェルを塗って下さい。

タンニングジェルを塗る事で、皮膚が赤くなるのを防ぐ効果があります。

しかし、店が出すタンニングジェルだけでは全身をくまなく塗る事は難しいのも事実です。

隠して持ち込むか、ジェルを追加購入するのがオススメです。

僕はあまり赤くならない体質なので、多少ジェルが少なくてもそのまま焼きます。

汗を拭く

日サロマシンに入ってる間は結構な汗をかきます。

汗をかいてしまうとムラ焼けの原因になってしまいます。

なので、マシン内の送風機能を使ったり、タオルでこまめに汗を拭き取りましょう。

体勢を変える

マシンによっては体勢を変える必要があります。

最近のマシンのほとんどは、ほぼ360度に対応しているのでムラ焼けしにくいと思います。

ただ、古いマシンだと背中部分は照射されない場合もあります。

その場合は体勢を変えて下さい。

モテる目的なら下地だけでOK

もし、日サロに行く目的が女の子からモテたいであれば、下地を作るだけで良いと思います。

経験上、小麦色肌はあらゆるタイプの女の子にウケます。

小麦色肌は少しチャラいイメージを持たれやすいのですが、恋愛においてチャラいイメージはプラスになります。

モテる理由としては

  • 健康的
  • ワイルド
  • 男らしい

などがありますね。

男らしい人がタイプという人からはモテるようになります。

逆にジャニーズなどの中性的な色白王子様タイプが好きな女の子からはモテません。

あなたが狙いたいタイプの好みに合わせて、肌を焼く焼かないを決めるのが良いと思います。

日サロの選び方

日サロの選び方ですが、

  • 料金
  • シャワーの有無
  • 店員の態度

の3つで決めたら良いかなと思います。

料金

やっぱり料金は店選びの基準で一番重要ですよね。

料金はサービスの質と使用するマシンなどによって変わるのですが、30分1500~4000円くらいの間になります。

30分1500円の店と30分4000円の店両方行きましたが、30分4000円の店はコスパが悪いと感じたので、今は30分1500円の店に行ってます。

シャワーの有無

日サロの店によってはシャワーが使えないところもあります。

僕は焼いた後は体についているタンニングジェルを洗い流したいので、絶対にシャワーが欲しいです。

なので、行く前にシャワーがあるかどうか調べておきましょう。

店員の態度

店員の態度も店によっては変わります。

基本的には料金が高くなればなるほど、店員の質も上がると考えて下さい。

僕はいつも30分1500円の激安店に行ってるんですか、非常に愛想がない男性店員がいます。

予約する時にその店員が出てくると萎えるのですが、激安な割にシャワーも付いていて通いやすいので妥協してます。

ぶっちゃけ店員の態度は仕事に対する熱意とか性格によって大きく左右されるので、あまり気にしない方が良いのかなと思います。

まとめ

僕も初めて日サロに行った時はかなりチキりました。

でも、一度行ってみると「こんなもんか」と思えました。

なので、初めては不安かもしれませんが、あまり気になさらずに予約してみるのが良いですね。

一度下地が出来れば、月2回のペースで通えば維持出来ます。

-モテる為の外見磨き

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.