マインド

営業マンが女性にモテる理由【ロジックが一緒】

2019年3月12日

営業マンがチャラい理由

 

どうもこんにちは。チャンプです。

今回は、巷でよく言われる「営業マンはチャラい」とされる件について取り上げてみたいと思います。

営業マンがチャラい理由

結論から話すと、営業マンがモテる理由は「契約を獲得するロジックと女の子を口説き落とすロジックと一緒だから」です。

ロジックは日本語で論理という意味ですね。

営業で契約まで進めるロジックと、女の子を口説いてセックスするロジックは全く一緒なんです。

営業マンは仕事を通じて営業テクニックを学んでいきますが、そのまま女性を口説く時に応用出来るのが最大の強みだと思います。

少し営業の話をしましょう。

新規開拓の基本的な営業の流れは

営業の流れ

アプローチ

現状把握

問題の提示

問題解決の提案

テストクロージング

クロージング

契約

になります。

会社によって営業スタイルは違うかもしれませんが、大体こんな感じですね。

これって、女の子を落とす過程とほぼ一緒なんです。

もし彼氏持ちの女の子を落とす場合

step
1
アプローチ(出会う)

step
2
現状確認(彼氏の有無、彼氏への不満etcの確認)

step
3
問題提示(彼氏への不満を問題として認識させる)

step
4
問題解決の営業(自分と関わることで、不満が解消される事を伝える)

step
5
テストクロージング(ボディタッチなど)

step
6
クロージング(口説く、キスetc)

step
7
契約(告白、セックスtec)

このように女の子を落とすには一連の流れがあるんですが、営業マンは仕事で慣れているのでモテる人が多いんです。

営業マンがモテる理由

先ほどは論理的な観点から、営業マンがモテる理由を解説しました。

続いて営業特有の仕事の特徴を踏まえた、モテる理由を解説しますね。

基本は下記の特徴を備えているからです。

・断られることに慣れている
・初対面の人と話し慣れている

一つ一つ解説します。

断られる事に慣れている

新規開拓の営業マンの場合、断られるのに慣れています。

僕は長年テレアポや電話営業をしてましたが、1日600件くらい電話します。

アポの件数は扱う商材によって変わりますが、アポの件数が1~3件くらいとかザラなんです。
すると、残りの590件は断られた訳なんです。

どんなにモテる男でも100発100中で女の子を落とす事なんて出来ません。
モテる背景には、数々の女性にアプローチをして敗北している経験があります。

なので、女の子から断られる事にいちいちショックを受けているとモテる事は出来ないんですよね。

ただ、営業マンは断られる事に慣れてるので、結果的に色んな女の子にアプローチしていけるんです。

初対面の人と話し慣れている

営業マンは初対面の人と話す事に慣れています。
初対面の人と話せないと契約なんて取れませんからね。

飛び込み営業とナンパも本質は一緒です。

営業マンはチャラくてモテる人が多い

営業マンはただチャライだけでしょと考える人もいるかもしれません。
おっしゃるとおりでして、営業マンはチャライ人が多いですね。

ただ、チャライとモテるは結構紙一重です。
女性経験が多いので、女性が喜ぶことを心得ているとも言えますね。

結局のところ、モテる男は女性経験が豊富なので、チャライと言われても仕方がないかなと思います。

まとめ

以上が営業マンがモテる理由です。

中でも保険とか通信、不動産とかの新規開拓の営業マンはよりモテます。
外資系であれば夢想状態ですね。

ただ、その分チャライ人が多いのも事実です。

新規開拓の会社にはナンパを研修として実施する会社もあるくらいですからね。

営業マンはチャラい人も多いですが、気配りが出来る人も多いです。
盛り上げ上手な人も多いので、モテる男が好きな人にはオススメですよ。

-マインド

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.