マッチングアプリ攻略

マッチングアプリで反応が取れるプロフィール文の作り方【正統派】

2020年4月17日

プロフィール

シン

元レンタル彼氏|膨大な知識から、経験ゼロでも最短でモテ男になるための知識や思考、テクニックを公開|夢は恋愛教育の義務教育化|2021.8からYoutube開始。総再生回数4万回突破

 

今回ですが、マッチングアプリで反応が取れるプロフィール分の作成方法について解説をします。

プロフィール分についてはさまざまな作成方法がありますが、私が紹介するのは正統派のプロフィールになります。

マッチングアプリのプロフィールの構成

まず、マッチングアプリのプロフィールの構成を理解しておきましょう。
主に以下3つの要素で構成されています。

  • 自己紹介文
  • プロフィール項目
  • プロフィール写真

ここでは、自己紹介文とプロフィール項目について解説します。

反応が取れる自己紹介文

反応が取れる自己紹介文

反応が取れる自己紹介文ですが、下記の順番で書けばOKです。

・挨拶
・マッチングアプリを始めた理由
・職業
・趣味
・性格
・締めの言葉

文字数ですが、300〜500字の間がベストですね。
少なすぎず多すぎの文量になります。

では一つ一つ解説していきます。

挨拶

まずは礼儀として挨拶の言葉を添えましょう。
一行くらいで構わないと思います。

マッチングアプリを始めた理由

次にマッチングアプリを始めた理由を書きます。
アプリの使用目的を伝えないと、ニーズの不一致が起きてしまいます。

もし、あなたが彼女を欲しいのであれば、新たな恋愛がしたいですみたいな言葉を添えるのが良いですね。

あなたのプロフィールに記載している利用目的と合致しないと、女の子からの返信率は下がると考えて下さい。

職業

職業も書きましょう。
大学生であれば大学生と書いておけば良いです。

職業は具体的に書けば書くほど反応率が高くなります。

特にマッチングアプリは恋活、婚活目的の女性が多いので、最重要項目といっても過言ではありません。

・業種
・職種

この2つは最低限書いておくべきですね。

あとは、仕事を通して学んだことややりがいなどを書くと、仕事に熱中するビジネスマンをアピール出来ます。

趣味

職業と並んで最重要項目の1つです。
趣味を書くことで、同じ趣味を持つ女の子からの返信率が上がります。

ただ、趣味といっても何でも書けば良いというわけではなく、女性ウケのいい趣味を書くのがいいですね。

例えば

・映画鑑賞
・旅行
・グルメ
・アウトドア
・スポーツ
・ジム
・読書
・ドライブ
・音楽

などです。

逆に書かないほうがいい趣味として

・ゲーム
・アニメ
・漫画(場合による)
・マニアックな趣味
・ギャンブル

などですね。
これらはほぼ全て女性があまりやらない趣味です。

私はゲーム好きなんですが、女性ウケが悪いのでプロフィールに書いていません。

他にもアニメとかはオタクだと思われやすいので、避ける方がいいですね。

ギャンブルは論外です。
書くべきではないです。

ただ、どうしても同じ趣味の女の子と仲良くなりたいのであれば、むしろ書いた方がいいですね。

万人ウケはしませんが、一部の女の子からはかなり反応を取れます。

性格

必ず性格を書きましょう。
ネガティブなイメージではなく、ポジティブなイメージの内容を書くのがポイントです。

コツは第三者から言われる性格について書くのが良いですね。
第三者評価は信憑性が増します。

締めの言葉

最後に締めの言葉を添えておきましょう。

よろしくお願いしますとかで良いと思います。

自己紹介文の例

はじめまして。○○と申します。
出会いが無くて、職場の同僚から勧められて始めました。

現在、大手の金融機関で人事担当の業務に携わっています。
企業の将来を担う仕事なので責任重大ですが、様々な方の価値観に触れあう事が出来るのでやりがいと感じています。

趣味はテニス、映画鑑賞、旅行です。

毎週末に友人とテニスをしています。高校時代には全国大会に出場しました。でも、今は運動不足解消程度にしかやっていません。

映画鑑賞も好きで、主にSFやアクション映画を観ています。スターウォーズが大好きで、全シリーズのDVDが自宅にあります。

旅行は主に海外旅行が好きで、アメリカ、イタリア、オーストラリア、ロシア、マレーシア、タイ、フィリピン、韓国、台湾に行ったことがあります。
日常会話程度なら英語も話す事が出来ます。もちろん、国内旅行も好きで2カ月に1回は遠出しています。

友人からは人見知りしないよねと言われます。昔から人と話すのが大好きで、本当に人事の仕事が楽しいです。

こんな私ですが、仲良くしてやってください!

解説

では、一つ一つ解説していきますね。

【挨拶】
はじめまして。○○と申します。

説明不要ですね。
マナーとしての挨拶です。

【マッチングアプリを始めた理由】
出会いが無くて、職場の同僚から勧められて始めました。

出会いが無いというのを強調します。
出会いがあるのにマッチングアプリを始めるのは不自然ですからね。

職場の同僚から勧められたという文言を入れる事で、積極的に始めたわけではないという意味を暗に含ませています。

【職業】
現在、大手の金融機関で人事担当の業務に携わっています。
企業の将来を担う仕事なので責任重大ですが、様々な方の価値観に触れあう事が出来るのでやりがいと感じています。

大手勤務であれば大手という単語を入れた方が反応率は上がります。

業務内容を要約した後、仕事を通じてのやりがいなどをアピールすると、仕事熱心なイメージを伝える事が出来ます。

【趣味】
趣味はテニス、映画鑑賞、旅行です。

毎週末に友人とテニスをしています。高校時代には全国大会に出場しました。でも、今は運動不足解消程度にしかやっていません。

映画鑑賞も好きで、主にSFやアクション映画を観ています。スターウォーズが大好きで、全シリーズのDVDが自宅にあります。

旅行は主に海外旅行が好きで、アメリカ、イタリア、オーストラリア、ロシア、マレーシア、タイ、フィリピン、韓国、台湾に行ったことがあります。
日常会話程度なら英語も話す事が出来ます。もちろん、国内旅行も好きで2カ月に1回は遠出しています。

趣味は先述した女性ウケのいいものしか書きません。

テニスの項目では定期的に運動していることをアピールしています。
社会人になると運動不足でメタボになる人が多いからですね。

さらに定期的に運動していることで、自己管理をしている人というのを暗に含ませています。

旅行の項目は海外旅行好きの女の子が多いので、共通点を増やすために、行ったことがある国を羅列しています。

ただ、海外旅行しか行かないとなると少し嫌味っぽく聞こえるので、国内旅行に行っている事も書いておきます。

【性格】
友人からは人見知りしないよねと言われます。昔から人と話すのが大好きで、本当に人事の仕事が楽しいです。

性格については、第三者から言われているようなイメージを書くのが良いですね。

信憑性が増します。

【締めの言葉】
こんな私ですが、仲良くしてやってください!
よろしくお願いします。

こんな私ですがといれたのは、少し謙遜した感じを出したかったからです。

日本人は謙遜の美学があるので。

反応が取れるプロフィール項目

反応が取れるプロフィール項目

最後に自己紹介文以外のプロフィール項目の設定について解説します。

年齢
基本的には正直に設定しましょう。
しかし、マッチングアプリのほとんどは年齢変更出来ないので注意して下さい。

居住地
居住地は正直に書きましょう。
身バレを防ぐために空欄にする人いますが、都道府県ぐらいは記入しておかないと出会うことはできないですね。市までは記入した方が良いと思います。

血液型
ここはどっちでも良いです。
血液型の相性を重視する人もいるので、私は記入しています。

星座
こちらも血液型と同様。
相性を気にする人もいるので記入しておきます。

身長
基本は正直に記入した方が良いですが、2.3センチくらいならサバを読んでも大丈夫かなと思います。

スタイル
細身〜ぽっちゃりまでて選ぶことができます。
スタイルは正直に記入した方が良いですね。

職業
自己紹介文と被ると思いますが、こちらも設定しておきましょう。

年収
プロフィール項目の中では最重要項目です。特にマッチングアプリで一番注目される項目ですね。
年収は高ければ高いほどネットナンパでは有利なので、盛って設定したくなります。
しかし、あまりにも現実と乖離していると会った時にバレてしまいますね。
なので、盛るとしてもプラス100万が限度かなと思います。

子ども
子どもの有無は正直に書きましょう。
ここでうそをつくと、後々面倒になります。

タバコ
タバコを吸っていない人は「吸っていない」一択ですが、問題は吸っている人ですね。うそをついて「吸っていない」を選択する事も出来ますが、うそをつくと後々苦しくなります。
ここは個人の価値観次第ですね。

お酒
私は全くお酒を飲まないのですが、「飲まない」にしてしまうと飲む人との出会いのチャンスを失うので、「ときどき飲む」に設定しています。
ただ、お酒を飲まない人と出会いたいってことであれば、「飲まない」で良いと思います。

クルマ
クルマの有無は正直に書きましょう。うそをついてもばれてしまいます。
もちろん、クルマが有の方が反応率は高くなります。

同居人
これは誰と暮らしているかを選択する項目です。
男の場合、一番反応がいいのは「一人暮らし」ですね。

出会うまでの希望
アプリにもよりますが、出会いまでのスピードを選択できます。

大体

・指定しない
・まずは会いたい
・気が合えば会いたい
・メッセージ交換を重ねてから

の項目から選択できます。
無難な選択は「気が合えば会いたい」ですね。

初回デート費用
いわずもがな、一番反応が良いのは「男性がすべて払う」です。

この記事を読んだ方は以下の記事も一緒に読んでいます。

初デートでの会話

直家の方法論