マインド

プライドが高い男がモテない理由【結論は他人の真似をすべき】

2019年10月8日

プライドが高い男性の特徴

 

今回ですが、プライドが高い男はモテないですよという話をします。

気になる理由についてですが、太古の人類の生き方に関係があると思われます。

プライドが高い男がモテない理由

プライド

結論から言うと、自己愛精神が強いからです。

自己愛精神が強すぎると、自己愛性パーソナリティ障害に発展するほどです。

なぜ、プライドが高すぎるとダメなのか?

見捨てられる可能性があるから

女性は自分を見捨てない男性を選ぼうとします。
なぜなら、基本的に女1人で生きていけないからですね。

採取狩猟時代

採取狩猟時代の話をします。

昔、男は獣を狩るために外に出て、女は子供を育てたり、木の実を採取したりして生活していました。

今でこそキャリアウーマンという概念が出て、独身の女性であっても生きていける時代になっています。

しかし、昔は男が獣を狩って食料を調達しないと、女は生きていけない時代でした。

ごく一部の女性も狩りはしていたようですが、筋肉があまり発達しない女性は狩りには不向きです。

なので、森の中で木の実などを採取していました。

昔はより男に依存していた

言い方は悪いかもしれませんが、女性は男に依存して生きてきました。

だからこそ、自分のことを見捨てない男性と恋愛関係に発展して、子供を作りたいと本能的に考えています。

女性の

・あなたにとって、私が一番でありたい
・浮気して欲しくない

という気持ちは、全て見捨てられたくないという本能が根幹にあります。

プライドの高い男性は見捨てる可能性が高い

プライドの高い男性は自己愛精神が強いので、女の子を見捨てる可能性が高いんです。

自己愛精神が強いので、困難な状況がやってくると、まずは自分を守ろうとするからですね。

プライドが高い男性にとって、一番可愛いのは自分です。
彼女や嫁の優先順位は、自分よりも下になってしまいます。

そんな男性を、女性が求めるはずがないですよね。

プライドが高い男性の特徴

プライドが高い男性の特徴

プライドが高い男性とはどんな人なのでしょうか?

下記の項目を当てはまっていれば、プライドが高い可能性が高いと思います。

・アドバイスされるのが苦手
・自分の話ばかりしている
・非を認めない
・いじられるのが嫌い
・イメージをやたら気にする

どれも説明不要ですよね。
全てプライドが高く、自己愛精神が強いと判断されやすい特徴です。

上記特徴を備えた人で、モテている人をほとんど見たことはありません。

逆に、

・抵抗なくアドバイスを受け入れる
・相手中心でトークを進める
・非を認めて謝罪する
・いじられる愛されキャラ
・世間体を気にしない

の方がモテると思います。

彼らは総じて、プライドを持たない人たちですね。

仕事でプライドを持つのは別問題

このような話をすると、「仕事でプライドを持つのはダメなんですか?」という質問をもらう時もあります。

仕事でプライドを持つのはプロ意識のことだと思いますが、仕事ではむしろプライドを持つべきですね。

プロ意識を持って仕事をした方がカッコいいです。

女性は仕事を頑張る男性が大好き

女性に好みのタイプを聞くと、仕事を頑張っている人ということをよく聞きます。

なぜ、女性は仕事を頑張る男性が好きなのか?

男性の仕事は狩り

昔、男性の仕事は狩りに出て獣を仕留めて、食料を調達することでした。

つまり、食料を調達することに熱心なので、女性にとって生存確率が上がるんですよね。

男が食料を調達してこなければ、明日死んでしまうかもしれない時代だったので、本能に刷り込まれているわけです。

仕事はプライドを持ってやると、女の子も気づいてくれますよ。

プライドを捨てる方法

プライドを捨てる方法

少し、時間がかかるかもしれませんが、確実にプライドを捨てる方法があります。

それは下記の方法です。

・他人の真似をする
・挫折経験を味わう

詳しく解説します。

他人の真似をする

プライドが高い人は、そもそも褒めるのが苦手な人が多いです。

自分が一番可愛いので、自分よりも優秀な点を見つけたとしても、素直に褒めることが出来ないんですよね。

さらに、自分を愛するがあまり、他人の良い所の真似ができなかったり、盗めなかったりします。

仕事で能力が伸びない人も、先輩の良いところを盗めない人ばかりですよね。

自分の方法にこだわりすぎるがあまり、成果が出ない人たちです。

逆に言えば、他人の良いところを真似できる人はプライドがない人たちです。

日々の生活で、他人の良いところを真似したり盗んだりする意識を持てば、徐々に不要なプライドは減ると思います。

挫折経験を味わう

一度、挫折経験を味わうと、自分がちっぽけな存在であることがわかります。

僕であれば、

・高校3年生の時に友達を作ろうとするも、1人も出来ずに孤独を味合う

ですね。

僕はもともと根暗な性格で、高校3年生の時に友達が出来ずに、クラスで浮いた経験があります。

詳しくは「陰キャラがモテない理由を元陰キャラが解説します【改善案付き】」をご覧ください。

僕の中で人生初と言える挫折経験で、自殺を考えるくらい精神的に追い込まれていた時代でした。

その経験から、自分にはコミュニケーションの才能が無いと分かったので、大学に進学してから友達が多い人の特徴を盗みまくっていました。

さらに、出会う人たちの中で、人望があるような人たちの行動などを、細かく観察するのが癖になりました。

26歳でマネジメントに携わりました

そのような意識の元に生活していたら、26歳くらいの時に最大で20人くらいの部下を抱えて仕事をするマネジメント業を携わるほどに成長していました。

高校3年生の時にクラスで浮いていたのに、リーダーとして部署を引っ張っていくポジションにつくなんて想像もしていませんでした。

マネジメントに携わる年齢としては若い部類だと思うのですが、携わることが出来たのも、高校時代の挫折のおかげだと思います。

挫折経験のおかげで、自分には人とコミュニケーションを取る才能が無いと分かっていたので、他人の真似ばかりしていました。

その結果、対人関係のコミニュケーション能力が上がって、結果的にマネジメント業に携わることになったのだと思います。

プライドを捨ててモテを手に入れよう

再度結論になりますが、不要なプライドを持っていたところでモテないので、出来るなら捨てる努力をしましょう。

プライドを捨てた方が精神的にも安定するし、女の子からの反応もよくなるし、良いことづくめです。

-マインド

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.