モテの基礎知識

モテる男の定義を進化生物学の観点から紐解く

Good Dad

 

恋愛について勉強をし始めた時、モテるという言葉が独り歩きをして、そもそもモテるって何?という疑問がありました。

なんていうか、定義があいまいなんですよね。

モテる男とは?

モテる男

そもそもとして、モテる男とは一体なんなのでしょうか?

  • 怖そうだけど優しい人
  • 金持ちな人
  • イケメン

どれも間違いではないですが、やや抽象的であり、人によって定義の基準も異なります。

抽象的な表現だとなかなか腑に落ちないと思うので、もっと具体的な定義が必要ですね。

そもそも人間は動物の一種であり、生物の一種でもあります。

動物の場合、モテるオスというのはたくさんのメスを魅了し交尾をするオスということになります。

シンプルな話、人間でも犬でもライオンでも、はたまた道端に生えている草も、己の種(しゅ)の繁栄を最優先にしています。

私たち人間は、幸いなことに全ての動植物の中で食物連鎖の頂点に君臨しています。

しかし、将来的に人間を脅かす「何か」が現れたらどうなるでしょうか?

日に日に人間の数が減っていくと、私たちは本能的に種を守る行動に出ます。
それが、子作りですね。

とにかく子供をたくさん作って、人間という種族の存続に全力を尽くすでしょう。

その際、女から拒絶されセックスができないような男は、モテない男性といえます。

種の存続に貢献できていないわけですからね。

つまり、進化生物学の観点から考えると、たくさんの女性とセックスをしている男性がモテると定義することができるのです。

2種類のモテる男

モテる男には2種類あります。

  • Good Genes(以下、GGとする)
  • Good Dad(以下、GDとする)

これだけじゃ、よくわからないですよね。

  • Good Genesは直訳すると「良い遺伝子」
  • Good Dadは「良い夫」

となります。

違いを簡単に説明すると、

・女性が本能で魅力を感じるのがGood Genes
・女性が理性で魅力を感じるのがGood Dad

となります。

2種類のモテる男

そして、2つを兼ね備えた男こそ、理論上最強のモテ男です。

とはいえ、2つを兼ね備えた男はほぼおらず、どちらに偏っている人がほとんどですね。

あなたがどちらのモテ男を目指すべきなのかは、あなた自身が恋愛で求める市場によって変わります。

どちらを目指すべきか?

恋愛といっても、全て一括りにすることはできません。

恋愛は、主に3つの市場で構成されています。

・恋愛市場
・結婚市場
・浮気市場

市場

恋愛市場は、恋人を求めている市場。
結婚市場は、結婚相手を求めている市場。
浮気市場は、浮気相手(セックス)を求めている市場。

となります。

勘のいい方なら分かったと思いますが、

・GGは浮気市場と恋愛市場
・GDは結婚市場と恋愛市場

でモテます。

各市場での優先順位ですが、

恋愛市場→最初はGG、後にGD
結婚市場→基本的にGD優位
浮気市場→基本的にGG優位。(ただし、キープをするにはGDも必要)

恋愛市場は結婚市場と浮気市場の間に位置するようなイメージなので、2つともに含まれています。

あなたが結婚相手を探したいのであれば、GDを目指すべきだし、とにかく色んな女の子とセックスをしたいのであれば、GGを目指すべきですね。

あなたの求める結果を出すためには戦略が欠かせないので、結婚相手を探したいのにGGを目指すような非効率な戦略は取らないようにしましょう。(無駄にはならないが、GDを目指した方が結果が出やすいです)

ちなみに、私は結婚に一切興味がないので、GG8割、GD2割くらいの感覚で、日々モテるための努力をしています。

続いて、Good GenesとGood Dadについて、詳しい深掘りしていきます。

Good Genes

先述した通り、良い遺伝子を意味します。

では、そもそも良い遺伝子ってなんなのでしょうか?

結論からいうと、下記の特徴を備えた遺伝子が、女性にモテる遺伝子だといえます。

・安定性
・正確性
・多産性

これだけだとよくわからないと思うので、詳しく説明します。

安定性

 

安定性

安定性に優れた遺伝子とは、簡単にいうと健康的かどうかです。

今でこそ平均寿命は80歳くらいまでありますが、太古の昔は30歳で死ぬことはよくありました。

病気にかかってしまうと医者もいないので、たくさんの人々が若いうちに亡くなっていたのです。

採取狩猟時代は、女性は男性に依存をして生活をしていました。

食料を調達するための狩りが出来たのは、男性だけだからですね。

そのため、パートナーの男性が病気で早く死んでしまうことは、女性にとっては死活問題でした。

男性が死んでしまうと、食料を調達してくれる人がいなくなるからです。

だからこそ、女性は本能的に健康的な男性を求めます。

強い免疫力を持つ男性ですね。

具体例

具体例です。

・筋肉質
・姿勢が良い
・肌が綺麗
・髪の毛が綺麗
・シミがない

これらは全て、本能的に安定性に優れた遺伝子を持つと思われる特徴です。

逆に、

・ガリガリ、デブ
・猫背
・ニキビ肌、アトピー
・枝毛だらけ
・シミだらけ

は、安定性に劣る遺伝子だと思われます。

私は生まれつきのアトピーで免疫力も弱いので、安定性に劣ると思われないための努力をしています。

正確性

正確性

正確性に優れた遺伝子とは、簡単にいうと遺伝子が正常であるかどうかです。

遺伝子は後世に受け継がれる過程で、100%受け継がれるわけではありません。

たまにエラーを起こします。

そのエラーの一種を、現代では「障害」と呼んだりします。

決して差別を意図する発言ではないのですが、障害を抱えた子供を産みたいと考える人はいないと思います。

両親の特徴を遺伝するかどうかは確率論なので、なるべく正確な遺伝子を持つ男性と性行為をしたいと考えるのが女性の持つ本能です。

私は母親からの遺伝によってアトピー持ちで生まれました。

アトピーは本当に辛いので、なるべく子供に遺伝させたくないと考えています。

いわば、私はアレルギーに関わる遺伝子にエラーが起きているので、結婚するとすればアレルギーを持たない人と結婚したいと考えています。

具体例

・イケメン
・美人

顔のパーツが左右対称の人って、イケメンとか美人って呼ばれませんか?

これは、正確性に優れた遺伝子を持っている証拠です。

言い方はあれですが、不細工な人がイケメンや美女を求めるのは、本能です。

自分自身が正確性に劣る遺伝子を持っていると本能的に理解しているので、正確性に優れた遺伝子を持つ人との子供を作りたいのです。

多産性

多産性

多産性とは、子供を多く産める力があるかどうかですね。

人間がセックスをする理由は、子孫繁栄です。

さらに深掘りすると、自分の遺伝子を後世に残すためです。

女性が一生涯に産める子供の人数に限りがあるので、なるべく優秀な遺伝子を持つ男を求めます。

しかし、パートナーの男が何かしらの理由で子供が産めない人だったら、女性の遺伝子を後世に伝えることが出来ません。

今は男性向けの不妊治療はありますが、昔はありませんでした。

なので、女性にとってたくさんの子供を産める男性は、優秀な遺伝子を持つと思われるのです。

具体例

・精液の量が多い
・勃起力が強い
・ペニスが大きい
・一晩で何回もエッチ出来る

分かりやすいですよね。

巨根がモテると言われる理由は、多産性に優れると本能で思われているからです。

射精時にたくさんの精液が出ることに喜ぶ女性も少なくありません。
本能的に嬉しいと感じるのでしょう。

Good Dad

Good Dad

GDを直訳すると、良い夫
つまり、女性がパートナーとしてふさわしいかどうか判断する要素です。

GGが「男として」という女性の本能に訴えかける要素であるのに対し、GDは女性の理性に訴えかける要素となります。

女性が普段、「好みのタイプは〇〇です」と答えている多くは、Good Dadですね。

GDの主な特徴は以下の通りです。

・高年収
・肩書き
・社会的地位
・将来性
・浮気しないかどうか
・誠実さ
・育児に対する熱意

夫、父親として理想とされるスペックなどを要求されるのが、GDです。

要求される順番

ここで、必ず覚えてほしいことがあります。

男にはGood GenesとGood Dadの要素があり、女性はどちらかの要素を優れている男性を探し求めています。

理想は2つとも兼ね備えた男ですが、Goog GenesとGood Dadは相反する要素なので、基本的にはどちらかの要素が強い場合がほとんどです。

そして、先述した恋愛市場、結婚市場、浮気市場、いずれの市場でも、最初に重傷視されるのはGoog Genesです。

その後、下記の割合に分類されます(あくまで感覚値です)

要求される順番

GGの要素を高める目的は、女性から恋愛や浮気の対象として見てもらう為でもありますが、本質は「足きりラインを超える」ためです。

恋愛は足きりラインを超えないと成立しないので、どれだけ年収が高かろうが、見た目の足きりラインを下回ってしまうと、そもそもとしてスタートラインに立つ事すらできないという状態に陥ります。

イケメンが恋愛に有利なのは、足きりラインを超える確率が高いからです。

女性によって、男性に求める見た目の足きりラインの基準は様々ですが、とにかく最低限の外見磨きは恋愛活動をするうえで、絶対に必要になります。

そして、GDの要素は、基本的に見た目の足きりラインを超えてから要求される要素です。

特にあなたが結婚を見据えた恋愛活動を行う場合は、GGよりもGDの要素を高める努力をした方が、賢い戦略と言えるでしょう。

ちなみに、なぜ浮気市場でGDが要求されるかというと、セフレの関係になり長期的に関係を築くには、後々にGDの要素も必要となるからです。

【参加費無料】恋愛力トレーニング通信講座「モテザップ-MOTEZAP-」

モテザップ

モテる友人や先輩、または芸能人をみてうらやましいと思ったことは一度くらいありませんか?

この通信講座では、

・1年間で52人の女性とデートし。24人と関係を持った全貌
・科学的なアプローチによる恋愛の基礎知識
・女の子の心を鷲掴みにするために必要な2つの会話術

など、女の子からモテるために必要な知識からノウハウを、12万字以上のテキストにまとめてメール形式で解説をしています。

ぜひ、あなたの恋愛偏差値を上げるきっかけにしてください。

今すぐモテザップに参加する(無料)

-モテの基礎知識

Copyright© モテ隊 , 2020 All Rights Reserved.