初デート

初デートの場所の決め方とおすすめのスポット【基本は食事でOK】

2019年12月4日

食事デート

 

初デートの約束を取り付けることはできましたが、場所をどこにするか迷いますよね。

ちょっと待ってください。
場所を決める前に、本記事を読んでみてください。

初デートの場所を安易に決めるのは、リスクがあります。

初デートの場所の決め方

初デートの場所の決め方ですが、必ず守ってほしいことがあります。

それは、男性主導で場所を決めること。

場所だけでなく、

・デートの日にち
・待ち合わせ時間
・店

など、全て男性主導で決めた方がいいですね。

ここは妥協せず、あなた主導で決定してください。

男性主導で決める理由

結論からいうと、恋愛の主導権を握るためです。

主導権を握るのは、恋愛を成就させるための本質の1つです。

主導権を握るというのは、あらゆる決断を男性主導で行うということですね。

あらゆる決断を男性主導で行うことで、女性の脳に「◯◯さんが全て決める」と、刷り込みされます。

すると、最終的には、エッチするしないや付き合う付き合わないの決断も、男性主導で行うことができるのです。

もちろん、100%成功するというわけではないですが、断られにくくなるという効果はあります。

営業でも使われる

僕は営業の仕事の経験があり、トップ営業を取ったこともあります。

これらのテクニックの本質は、「イエス取り」と呼ばれていて、イエスを重ねることで、ノーと言いづらい状況を作るテクニックです。

心理学では一貫性の法則とも呼ばれていて、イエスと答え続けると、人間は一貫性を保とうとする傾向にあります。

恋愛の場合、男性側があらゆる決断をすることで、女性側は判断を男性側にゆだねていることになります。

すると、「あらゆる決断は男性の判断に従う」というルールが女性側の中で無意識に発生し、結果的に恋愛が成就しやすくなるのです。

分かりやすい言葉でいうと「リードする」ですね。

女性がリードしてほしいと言うのは、あらゆる決断を男性主導で行なってほしいという意味になります。

すんなりOKが出る子はセックスしやすい

また、自分主導で全て決めた方がセックス出来る確率が高くなります。

1回目、2回目のデートでセックスが出来る女の子は

  • 周りに流されやすい
  • 断らない
  • フットワークが軽い
  • リードされたい

など、基本的に受身の女の子が多いですね。

受身の女の子は相手の要求や提案に対しても、すんなりOKの答えを出す子が多いです。

なので、デートの約束を取り付けるときに

・デート内容
・デートの場所
・デートの日にち
・デートの時間
・待ち合わせ場所

など、全てこちら主導で決めれる女の子とデートした方が、セックス出来る可能性は高いということになります。

こちら主導で場所決め出来るかどうかで、

  • セックス出来る女の子
  • セックス出来ない女の子

をふるいにかけるのが、最短最速でセックスするコツの1つになります。

他の場所とか提案されればスルーもあり

デートの場所決めは相手の住んでいる場所とかにも左右されてきますが、こちらの指定する場所を拒否されるようであれば、会わないもしくはデートの優先順位を下げてもいいかもしれません。

例えるとすれば、

大阪府茨木市に住んでいる女の子が、なんばでのデートを拒否して梅田を希望した

とかですね。

JR茨木駅からなんば駅まで電車で30〜40分くらいの距離なので、それほど遠くはありません。

にもかかわらず、なんばを拒否して梅田を提案してくるとなると、主導権を握りたい女の子である可能性が非常に高いですね。

恋愛の鉄則は「主導権を握る」なので、ここで梅田の提案を受け入れてしまうと相手のペースになってしまって、最終目的のセックスへの到着が困難になります。

なので、最短最速でセックスをするには、こちら主導で場所決めを行う必要があります。

初デートに適した店の選び方

初デートは食事をする人が多いと思うので、飲食店の選び方について解説します。

ポイントは初デートが失敗しないための店選びです。

結論からいうと、下記の特徴を踏まえた店を選んで下さい。

・カウンター席がある
・静かすぎず、うるさ過ぎない
・顧客単価1500〜2000円くらい

詳しく解説します。

カウンター席がある

カウンター

初デートはなるべくカウンター席のあるお店を選びましょう。

理由は簡単で、カウンター席の方が親密になれる可能性が高いからです。

初デートでカウンター席も選ぶか対面テーブルを選ぶかは、恋愛の永遠の議題の1つですが、カウンター席一択ですね。

人間は本能的に自分の目の前にいる人を警戒するので、対面テーブルだとお互い緊張して、うまく話せないケースが後を絶ちません。

面接を思い浮かべてもらえば分かりやすいと思いますが、面接が緊張するのは対面で会話するからですよね。

面接はあえて緊張させて、相手の能力を推し量る目的がありますが、デートにそんな目的は不要です。

ボッサードの法則

また、カウンター席は対面テーブルと比較して、体の距離が近くなるメリットがあります。

アメリカの心理学者「ボッサード」によると、体の距離が近ければ近いほど、親密度が上がることが確認されています。

中学や高校時代を思い返せば分かりやすいのですが、隣の席の人とか、前後の席の人とは特に仲良くなりますよね。

パーソナルスペース

パーソナルスペースとは、他人に入られると不快に感じる領域のことです。

恋愛を成就させるには、いかに相手のパーソナルスペースに入らずに、身体距離を近づかせるかが大切ですね。

パーソナルスペースは完全な円形ではなく、どちらかというと左右は狭く、前後は広い形の人が多いです。

例えば、電車に乗っている時、あなたが座席に座っているとして

・自分の横に座っている人
・自分の真正面に立っている人

どちらが不快に感じますか?

不快という感情を自覚しているかどうかは個人差がありますが、なんとなく正面に立たれるのは嫌な気分になりませんか?

少なくとも、僕は電車で座る時、正面に立たれるのはあまり好きではありません。

これは、左右のパーソナルスペースは狭いので、真横の人はあまり気にならないけど、前のパーソナルスペースは広いので、正面にいる人にはなんとなく不快感が出てしまうのです。

なので、デートをするのであれば、カウンター席が最適ということですね。

静かすぎず、うるさすぎず

静かすぎず

初デートのお店を探す時、「おしゃれで静かな店」を基準にして、探したことはありませんか?

もしあれば、今日以降はやめた方がいいですね。

おしゃれな店はOKですが、静かな店は避けた方が無難です。

沈黙のリスク

理由はシンプルで、沈黙になると気まずい雰囲気が流れるからです。

だったら沈黙にならなければいいんでょ?と考えることができるかもしれませんが、どんな会話の達人でも沈黙はあります。

ただ、しゃべり上手な人は会話を繋ぐスキルが高いので、女の子が沈黙だと感じていないだけですね。

会話に自信があるのなら静かな店でもいいですが、人並みくらいの方であれば、多少賑やかな店の方がいいですね。

多少賑やかであれば、沈黙になったとしても、場の雰囲気がカバーしてくれます。

大切なのは「気まずいと感じさせない気配り」であり、それは店選びの時から始まっています。

ちらほら他の客の声が聞こえたり、店員の話し声が聞こえる店の方が、女の子も緊張が解けやすくなります。

とはいえ、うるさすぎる店を選んでしまうと、肝心な会話がまともにできない可能性とあるので、バランスが大切です。

個人的に、ト◯キなどの大衆系居酒屋はうるさすぎるので、おすすめはしません。

顧客単価が1500〜2000円くらい

1500〜2000円

顧客単価が1500〜2000円くらいの店をチョイスするのがベストですね。

あなたの経済力によっては3000円まで引き上げてもいいですが、極力3000円はオーバーしないでください。

初デートのお店は、女の子に奢るのを前提に予約します。

奢る奢らない判断基準は、下記の記事で詳しく解説しています。

初デートで全額奢るもしくは割り勘どちらが良い?
初デートで割り勘か奢りの判断基準【モテる会計方法も解説】

  こんにちは。チャンプです。 今回ですが、永遠の議題である「デートは全額奢るor割り勘どちらがいい?」についてです。 デートでの会計を奢るべきか割り勘にするべきは、時代問わずずーと議論され ...

続きを見る

奢る際に注意しなければならないのが、女の子への投資額です。

奢る=女の子への投資になります。

そして、恋愛で女の子への投資をする際に意識してほしいのが、

・安すぎると、恋愛対象にならない
・高すぎると、ただの財布になってしまう

ということです。

初デートの際、女の子は男が奢ってくれるのを期待します。

なぜかというと、自分に投資をしてくれるかどうかで、本気か遊びかを見極めたいからですね。

自分に投資をしてくれない男は、本気で付き合う価値がない男だと、女の子は判断します。

その理由は、性行為のリスクに答えがあります。

男性はリスクが低い

男性はたくさんの女性と性行為をしても、性病以外のリスクはほぼありません。

一方、女性はリスクだらけです。
なぜなら、女性には妊娠のリスクがあるからですね。

そのため、女性はなるべく不毛な性行為はしたくないと本能で考えています。

最初の食事デートは、女性にとっては「この男性に付き従うべきかどうか」を判断する絶好の機会です。

そして、判断材料として、奢ってくれるかどうかを見ています。

安すぎると、私に対して本気じゃないんだと思われるし、高すぎると、都合のいい男になってしまいます。

なので、チェーン店や高級店は避けた方がいいですね。

顧客単価1500〜2000円は安すぎず高すぎずのお店だと思います。

2人だったら3000〜4000円くらいのお店ですね。

2人で2000円を切ったら安すぎるし、6000円を超えたら高いかなと感じます。

おすすめのスポット

それでは、初デートの場所としておすすめのスポットをいくつか理由付きで紹介します。

とにかく場所は分からない方は、下記のいずれか内容で初デートしてみてください。

・飲食店
・居酒屋
・ショッピング
・カラオケ
・ドライブ
・ライブ

詳しく解説していきますね。

飲食店

飲食店

初デートでは王道中の王道ですよね。
食事デートです。

店の選び方は先述した通りで、店のジャンルは和洋中のいずれかで聞いておきましょう。

おすすめはパスタ含むイタリアンです。

今までパスタ嫌いの女の子に会ったことがありません。

困ったらイタリアンでいいかなと思います。

イタリアンは価格帯が幅広く、さらにカウンター席の店も多いので、店選びで困ることはないですね。

和食と中華は、美味しいのを食べようとすると結構値が張ります。

中華で一品3000円とかザラにあるので、初デートでは向かないかなと思います。

居酒屋

居酒屋

お酒好き同士であれば、居酒屋デートもありですね。

ただし、女の子がお酒を飲めないのに無理やり居酒屋デートに持ち込もうとするのはNGです。

繰り返しになりますが、お店は静かすぎずうるさすぎずの店がいいですね。

もし、個室の居酒屋を選ぶ場合は、多少騒がしい店の方がいいかもしれません。

もともと静かめな店で、さらに個室となると、完全無音に近い空間になる場合もあります。

となると、沈黙になった時の気まずさがハンパないので、個室居酒屋の場合は多少騒がしくてもOKです。

こちらも、なるべくカウンター席のお店を優先的に選びましょう。

ショッピング

ショッピング

ショッピングもいいですね。

常に横並びで歩けるし、手を繋ぐタイミングを取りやすいと思います。

ショッピングの際の注意点ですが、ねだられても買ってはいけません。

先述した通り、初デートで奢り過ぎるとただの財布に見られる可能性があります。

アイスクリームも買ってあげるくらいならいいと思いますが、1000円を超える買い物は女の子に自己負担させましょう。

財布と思われた瞬間、恋愛がスタートすることはありませんので。

カラオケ

カラオケ

歌を歌うのが得意な人や好きな人はカラオケもいいと思います。

特に音楽の趣味が合うもの同士であれば、かなり有意義な時間を過ごせるはず。

カラオケデートで一番気になるのが、

・部屋の電気
・部屋の広さ

です。

部屋の電気

カラオケ部屋の電気ですが、なるべく暗くして歌うのをお勧めします。

暗い場所では、心理学上の暗闇効果が発揮されます。

簡単に説明すると、暗闇になることで行動や感情が変化する現象のことです。

暗闇にしたからといって、確実に女の子と仲良くなれるという魔法の裏技ではないですが、明るい場所よりかは効果があります。

よく、友人と深い話をするときって、だいたいは夜じゃありませんか?

恋の悩みとか打ち明けたくなるのも、なぜか夜だと思います。

このように、人間は暗い場所にいると不安を感じやすくなるため、なるべく自分を解放したくなる心理に陥りやすいです。

また、暗闇にはニキビなどの欠点をカバーしてくれる効果もあり、自分に自信のない人でも、積極的な行動を取りやすくなります。

部屋の広さ

部屋の広さですが、狭い部屋にした方がいいですね。

理由は身体距離を縮めることができるからです。

広い部屋だと、別々に座りがちですよね。

だだっ広い部屋で、付き合ってもない男女が隣同士に座るのは、やや違和感があります。

まぁ、勇気があれば広い部屋でも、女性の隣に座ればいいのですが、やっぱり勇気がいると思います。

そんな時は、狭い部屋を選ぶことで、強制的に座る状況を作ればいいのです。

狭い部屋であれば、隣同士で座っても違和感はありません。
スキンシップも取りやすいと思います。

ただ、部屋の案内は店員さんの権限なので、できれば事前にカラオケを予約するのがいいと思います。

予約するときに、

 

チャンプ
一番狭い部屋で予約してください

 

とだけ伝えれば、店員が配慮してくれると思います。

ドライブ

ドライブ

車がある人はドライブもありですね。

ただし、初デートのドライブでは遠出はしないでください。

なぜかというと、遠出する=長時間になるので、必ずどこかのタイミングで沈黙の時間が訪れます。

車という密室の中で、男女2人でドライブは憧れの多いデートですが、正直初デートではおすすめできません。

音楽を流さない限り、トーク力を要求されるデートプランであり、10時間もトークが弾むなんてことはありえないわけです。

なので、もしドライブデートをするのであれば、往復2〜3時間くらいの場所に行きましょう。

これくらいであれば会話のネタに困ることはないと思うし、疲れもあまり残りません。

心理学としてはあり

ただ、ドライブデート自体は、心理学の観点から考えるとありです。

ドライブデートは、以下の特徴があります。

・身体距離が近い
・共同作業

身体距離が近いと精神的距離が縮まる傾向にあるのを、アメリカの心理学者ボッサードから、ボッサードの法則と言われています。

運転席と助手席は近すぎず遠すぎずの絶妙な距離なので、2人で会話するにはもってこいの距離ですね。

共同作業

2人で何かしらの共同作業をすると、関係が深くなるのが分かっています。

ドライブデートとなれば女の子が助手席に座ると思いますが、字の通り女の子は助手の役割を担います。

つまり、運転手のサポートをするわけで、れっきとした共同作業となります。

・信号の確認
・道案内
・左右確認

など、ドライブは運転席と助手席両方の共同作業ですね。

共同作業をすると、精神的距離が近くなる感覚は、過去を振り返れば多くの方があると思います。

・テニスなどのチームスポーツ
・家庭科の実習
・学校の掃除
・飲食バイトなどのチームプレーが求められる仕事

など、共同で1つの目的に向かうことで、一体感が生まれますよね。

共同作業が恋愛において有効な理由も一緒なのです。

ライブ

ライブ

音楽の趣味が合えば、ライブに行くのは良いと思います。

僕はライブデートはしたことがないのですが、初デートでライブデートした人は高確率で恋愛が成就しています。

それもそのはず、同じアーティストが好きという絶対的な共通点に、ライブ会場独特の雰囲気を共に味わうことができます。

非日常の状況は、男女関係が一気に親密になりやすくなります。

特にライブであれば興奮して心拍数も上がるので、それが恋の落ちた時のドキドキと錯覚させる効果まであるくらいです。

ライブ中は演奏に夢中になれるので、会話が途切れるみたいな心配は不要ですよね。

音楽好きの人は、飲食デートよりも自分の強みを活かせるライブデートの方が良いと思います。

ただし、ライブのチケット代をいきなり奢るなどはやめておきましょうね。

基本は食事デートでOK

食事デート

ここまでおすすめの初デートなどを紹介してきましたが、基本は食事デートを推奨します。

紹介した内容以外にも魅力的なデートプランはたくさんありますが、初デートでオーソドックスなプランがいいですね。

オーソドックスなプラン=食事デートと考えてもらって大丈夫です。

オーソドックスなプランが良い理由

なぜかというと、いきなり初デートで豪華なプランを経験してしまうと、2回目以降のデートプランのハードルが上がってしまうからです。

極端な例ですが、初デートで海外旅行に行ったとなれば、女の子は下記の心理になると思います。

 

女の子
1回目でハワイに連れて行ってくれたし、2回目はどこに連れてってくれるのかな?ワクワク!

 

こんなにも期待されてしまうと、それ以上の価値を提供するのは難しいですよね。

そして、女の子の期待が高ければ高いほど、楽しいデートを提供しないと幻滅されてしまいます。

期待させすぎはNG

結論、女の子の期待値が高すぎるデートプランは、失敗に終わる可能性が高いですね。

なので、なるべく女の子からの期待値を下げてデートにのぞむ方が、返って成功しやすくなります。

それは、デートの場所やデートのプランなどによって判断されるので、初デート前はあまり期待させないでおきましょう。

 

女の子
あまり期待してなかったけど、いざ初めてデートしてみたら、めちゃめちゃ楽しかった!

 

こちらの方が、女の子の気持ちを鷲掴みにすることができます。

商品やサービスをリピートする心理と全く一緒ですね。

期待値がゼロはダメですが、期待値が高すぎるのもダメなので注意してください。

2回目以降で上げていく

付き合うまでのデートは、いかに男性が女性に対して価値を提供できるかが重要です。

当たり前ですが、全く楽しくないデートを提供した男と、付き合いたい女性なんていないですよね。

なので、彼女を作りたいなり、モテたいなどの目的を叶えるためには、デートで価値を提供するという意識が大切です。

そして、デートにおける価値は徐々に上げていくのが鉄則です。

例えば、プレゼントを渡すにしても、初デートではなく3回目で渡す方が効果的です。

デートプランも初デートよりも2回目のデートの価値を高めにして、3回目のデートで告白するのが理想ですね。

1回目のデートが豪華過ぎると、2回目以降につまらなく感じてしまうリスクがあるので、デートの価値提供は小出しが鉄則ですよ。

場所決めに関しての成功例と失敗例

セックス目的で初デートの場所決めをする際の成功例と失敗例を紹介します。

もちろん、僕自身の体験談をもとにした例なので安心して下さい。

失敗例

まずは、僕の失敗例を紹介します。
下記の記事をご覧ください。

失敗例
【プライド】良い女アピールをしてくるアラサーとデートしてきた【ハッピーメール体験談】

  どうもこんにちは。チャンプです。 久方ぶりに年上女性とデートした時の話です。

続きを見る

結論から言うと、場所決めの段階で僕の指定した場所を断られてしまい、結果的に相手の言い分を飲む事にしました。

しかし、初デートをした後に家デートを打診したのですが、断られてしまったアポですね。

成功例

成功例として、以下の記事を読んでみて下さい(時間があるときでいいです)

この記事は、僕の家まで来てもらってセックスしたアポなんですが、女の子の家(兵庫県加古川市)から僕の家(大阪府大阪市のとある区)まで電車で片道2時間の距離なんです。

片道2時間なので断られるかなと思ったのですが、すんなりOKを貰えましたね。

僕の主導で場所決め、デートプラン等決める事が出来たので、グダなしでセックス出来ました。

気にせずいこう

ここまで、初デートの場所についてお話ししてきましたが、正直、それほど場所は重要ではありません。

極端な話をいえば、男性の魅力が非常に高ければ、100円のハンバーガーだけでデートしても成功します。

初デートの場所選びは、女の子からすると加点要素の1つに過ぎません。

加点要素といっても、50→80点に上がるわけではなく、50〜55点ほどですね。

なので、印象をよくするために豪華な場所を選ぶという発想はあまり良くないので、デート中の会話などを意識してみてください。

デート中の会話や女の子への質問の仕方については、下記の記事でまとめています。

初デートで沈黙にならない6つの会話テクニック
初デートで沈黙を防ぐ6つの会話テクニック【失敗する理由は簡単です】

  どうもこんにちは。チャンプです。 デート慣れしてない方のよくある悩みとして 初デート中に沈黙になって盛り上がらなかった という話を聞きます。 沈黙になると気まずい雰囲気流れますよね。気持 ...

続きを見る

俺の事
女性を虜にするモテる質問の仕方【今日から実践できます】

  気になるあの子とデート。 しかし、デート中にどのように質問をしたら良いかわからない。 そんなことはありませんか? 今回は、モテる男が行なっている質問の仕方について解説していきたいと思いま ...

続きを見る

-初デート

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.