マッチングアプリ攻略

マッチングアプリで”LINE交換成功率88%”を叩き出したやり方

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

シン

元レンタル彼氏|恋愛モテの専門家|黎明期からマッチングアプリを開始|膨大な知識から、経験ゼロでも最短でモテ男になるための知識や思考、テクニックを公開|夢は恋愛教育の義務教育化|2021.8からYoutube &Tiktok開始|総再生回数31万回突破

 

今回は私が実際に試してみて、LINE交換成功率88%を叩き出したやり方について紹介させて頂きます。

本記事でお伝えするメソッドは、スペックに左右されない方法です。誰でも出来る方法なので、ぜひ試してみてください。

88%の成功率を叩き出したLINE交換のやり方

結論から言うと、LINE交換を提案をする前に"ある約束"を取り付けていました。

それは、「デートの約束」です。

LINE交換をしてからデートの提案をするのではなく、デートの約束を取り付けてからLINE交換の提案を行ったことで、成功率が飛躍的に上昇しました。

下記のグラフは2019年当時のデータです。個人的なデータなので、あくまで参考程度に留めて頂ければと思います。

LINE交換のやり方

 

シン
このやり方でLINE交換をする前は、30〜60%ぐらいの交換率でした

 

アプリで女性とやり取りをしても、2人に1人は無駄になってしまうので、効率的に出会いを量産できなかったです。

LINE交換の提案のやり方

先述した通り、先にデートの約束をしておくことで、LINE交換の成功率が劇的に上がります。

それでもどのようにLINE交換の提案をしたら良いか分からない方もいると思うので、下記の提案テンプレを使ってください。

・会う日にち決めたいんだけど、LINEとかやってますか?
・会う前に電話したいんだけど、LINEとかやってますか?
・アプリだとメッセに気づかない時があるから、LINEとかやってますか?

後半の部分で「LINEとかやってますか?」とあえて遠回しに聞いているのは、この質問でYESの返事を貰いたいからです。

 

シン
後述する「一貫性の法則」を利用するために、わざと聞いています。

 

ほぼ返答は

 

女の子
LINEやってます!

 

なので、あとはIDを聞くか、自分の教えるかですね。

メソッドが有効である理由

では、なぜ先にデートの約束を取り付けてからLINE交換を提案すると、交換成功率が飛躍的に上がるのか?を見ていきましょう。

理由①LINE交換する理由として強力

会う約束をしたからLINEを交換したいというのは、数ある理由付けの中でも強力な部類に入るでしょう。

ググれば、LINE交換での様々な理由付けが出てくると思います。

・もうすぐ退会するから
・お気に入りの写真を見せたいから
・お金がかかるから

これらはよくある理由付けですが、残念ながら相手がLINEを交換しなければならない理由にはなっていません。

なぜなら、男性都合の理由だからです。

LINEという個人情報を聞き出すには、

・交換をしなければならない
・交換をした方がメリットが多い

のように、女性側も巻き込むような"理由“を添えなければなりません。

 

シン
私であれば、さらに「会う前に電話で話してみたいから」という理由も添えていました。

 

実際、会う前に話をしておくことでお互いに不安を解消出来るので、よほどのことがない限りはLINEの交換に応じてくれていました。

理由②一貫性の法則

このLINE交換のやり方は、色んな心理学のテクニックを散りばめています。

その一つが一貫性の法則。人間は、一貫した意思決定を行うという心理現象です。

つまり、

デートの誘いを承諾する→LINE交換の提案を受ける⇒すでにデートの誘いを承諾しているので、LINE交換も承諾する

という一貫性の法則が働きやすくなるのです。

 

シン
私は一貫性の法則を利用するために、LINE交換の提案の前に「何かしらの承諾」が欲しかったので、デートの約束を取り付けることにしました。

 

デートの約束以外でも何かしらの承諾を得れていれば、他でも応用は出来ると思います。

アポ率を高める方法

デートの約束を先に取り付けてからLINE交換を提案するという方法は非常にシンプルです。

ただ、唯一欠点を挙げるとすれば、デートの約束を取り付けることができなければ、LINE交換も失敗に終わるという点でしょう。

デートの誘いが成功するか否かは、

  • 1.プロフィール設計
  • 2.メッセージ戦略

で決まります。

一つ一つ見ていきましょう。

1.プロフィール設計

結論、女性が会いたいと思えるようなプロフィールを設計してください。

・プロが撮影したプロフィール写真
・自己紹介は7割開示、3割謎を残す

この2点を最低限取り入れましょう。

プロが撮影したプロフィール写真

プロフィール写真はお金をかけてでも、プロ撮影の写真を使用した方が良いでしょう。

今はマッチングアプリ専門のカメラマンも増えているので、本来の素材以上の写真に仕上げてくれます。

自己紹介は7割開示、3割謎を残す

プロフィール文の書き方ですが、あなたの全ての情報を載せるのはご法度。女性に「この人を会いたい」と思わせるには、多少の"謎"が必要です。

たとえば、あなたがマクドナルドでバイトをしているとしましょう。それをそのまま書くと、なかなか反応は取れません(マクドナルドのバイトは珍しくないため)

ただ、下記のような表現に変えることで、反応率は劇的にあがります。

 

シン
私は外資系企業でマネージャーとして働いています。たくさんのクルーたちに囲まれながら多忙の日々を送っていますが、幸いなことに仲間に恵まれているので、毎日が楽しいです

 

マクドナルドはアメリカ資本の会社なので「外資系企業」に言い換えます。バイトも「クルー」と置き換えることで、なんだか凄そうな人のプロフィールの出来上がりです。

情報を"ぼかす"ことで、会いたいと思わせましょう。

プロフィール作成については、下記の記事で詳しく解説しています。

マッチング数が増えるプロフィールの作り方
マッチング数を10倍に増やすプロフィールの書き方と写真の撮り方

続きを見る

2.メッセージ戦略

ファーストメッセージは時間効率のため、テンプレメッセージにしましょう。

ファーストメッセージは、

  1. 住んでいる地域
  2. 趣味
  3. 名前

上記3点を入れてください。たとえば、

マッチングありがとう。シンと言います。

日本一のタワーが見える場所に住んでて、家で映画見たりボルダリングをしたりしています。

名前なんて呼べばいいですか?

”日本一のタワー”とはスカイツリーのこと。住んでいる地域も他の例えに置き換えて、情報をぼかしましょう(あくまでたとえです。私はスカイツリーの見える場所には住んでいませんw)

業者対策

マッチングアプリには一部「業者」と呼ばれる存在がございます。

主に

1.出会い系同業他社
2.個人情報収集業者
3.ネットワークビジネス勧誘目的のユーザー

この3つが業者と呼ばれています。

業者の手口は年々巧妙になってはいますが、

・LINE交換を提案してくる
・いきなりQRコードで送ってくる

の特徴があれば、業者の可能性が高いと言えるでしょう。

女性からLINE交換を提案することはほぼありません。メリットがないからです。

いきなりQRコードを送ってくるのは、無知なユーザーに友達追加させるのが目的です。十分に気を付けてください。

LINE交換を断られた時の対処法

上記のやり方であれば高確率でLINE交換が可能です。ただ、それでも断られる時もあり、返答内容によっては会う気がさらさらない場合もあるので、見極めに使って下さい。

仲良くなってから交換したい

断り文句として定番ですが、本記事のやり方はデートの約束をした後にLINE交換を提案するので、ほぼ言われることはありません。

ですが、もし言われたら仲良くなる気は一切ないので、別の女性に切り替えましょう。

会った時に交換したい

これも断り文句としては定番ですが、この返答は「会う気はあるけれど、事前に個人情報を伝えるのは不安」という人たちです。

アプリ内でメッセージ後に普通に会えるので、やり取りを続けてデートしても良いと思います(このパターンで何人か会ったことがあります)

LINE使ってない

このご時世でLINEを使ってない人なんて稀です。嘘であり会う気はないので、別の女性に切り替えましょう。

カカオが良い

LINEは嫌だけど別アプリなら良いよのパターンです。これは会えるパターンなので、別のコミニュケーションアプリを登録しておきましょう。

LINE交換をした後に相手が退会している複数のケース

LINE交換をした後、数日で相手が退会しているケースもあります。その場合

・実は業者だった
・利用規約違反を犯したので強制退会させられた
・良い人と出会ったので退会した
・良い人がいなかったので退会した
・身バレしそうになって退会した
・短期間でしか利用するつもりがなかったため退会した
・ブロックされた

などの理由が考えられます。

どの理由にしても本当の理由はわからないので、LINEのやり取りが続いているのであれば気にする必要はないでしょう。

LINE交換後のやり取りのやり方

最後にLINE交換後のやり取りのやり方について見ていきましょう。

 

シン
女性はたくさんの男性とやり取りをする場合が多いので、付き合うまでは減点方式で男性を見ます。

 

減点されるようなやり取りを避けつつ、実際に会うところまで関係を維持していきましょう。

LINE交換をした時点で、2つのパターンが考えられます。

  • 食い付きが高い
  • 食い付きが低い

注)食い付きとは”女性からの好意”のこと

一つ一つ見ていきましょう

食い付きが高い(電話推奨)

食い付きが高い場合、出会うまでに熱を冷めさせたくないので、可能な限り相手とペースを合わせましょう。

返信間隔、文量などを合わせることで、こちらも相手に興味があることをアピールしていきます。

後述しますが、デート前の電話の役割は「不安解消及び食い付き向上」なので、LINE交換をした時点で食い付きがある場合は、必要に応じて電話を取り入れてください。

食い付きが低い場合(電話必須)

この場合、持ち点をこれ以上下げることなくあげなければならないので、LINEのやり取りについては下記のやり取りをおすすめします。

・短文
・絵文字なし
・スタンプなし
・返信も遅め

会ったこともない興味のない男から熱々のLINEが来たところでウザいだけなので、こちらも相手に興味のなさそうな塩対応のLINEを送ります。

 

シン
ただ、これだけだと減点は防げても加点は難しいので、加点を狙うために「電話」を行いましょう。

 

電話の目的は「不安解消と持ち点アップ」です。テキストでのやり取りから電話を挟むことで、一気に持ち点が上がる可能性があります。

すでにボーダーラインを下回っていたとしても、電話をすることで加点されてボーダーラインを超えて、会うことが可能になります。

 

”オンナ”からオカズとして使われるほどモテる男になるための教科書

恋愛強者への道しるべ

出会う女性がメスと化し”オンナ”の顔にしてしまう男。たった1割の恋愛強者になるにはどうすればいいのか?

書き上げるのに1カ月かかりました。

今すぐ恋愛強者への道しるべを読んでみる

  • この記事を書いた人

シン

元レンタル彼氏|恋愛モテの専門家|黎明期からマッチングアプリを開始|膨大な知識から、経験ゼロでも最短でモテ男になるための知識や思考、テクニックを公開|夢は恋愛教育の義務教育化|2021.8からYoutube &Tiktok開始|総再生回数31万回突破