初デート

初デートで沈黙を防ぐ6つの会話テクニック【失敗する理由は簡単です】

2019年1月22日

初デートで沈黙にならない6つの会話テクニック

 

どうもこんにちは。チャンプです。

デート慣れしてない方のよくある悩みとして

初デート中に沈黙になって盛り上がらなかった

という話を聞きます。

沈黙になると気まずい雰囲気流れますよね。気持ち分かります。

今回、これまで75人とデートしてきた僕が(2019年6月時点)、初デートで沈黙にならないようにする為に心がけている考えやテクニックを解説したいと思います。

初デートで沈黙になってしまう原因

では、初デートで沈黙になってしまう原因ですが、大きく分けて3つの原因があります。

・質問が出来ていない
・感情の共有が出来ていない
・女性の好きな話題が出来ていない

一つ一つ見ていきましょう。

質問が出来ていない

1つ目は質問が出来ていないですね
もしくは質問はしていても、質問の仕方が下手くそだと会話は盛り上がりません。

基本的に初デートは女性に話をさせるようにしましょう。
僕たち男性は聞き手に回ります。

男性が自分の話をする割合は1~3割くらいを目安にするのが良いでしょう。

感情の共有が出来ていない

2つ目は感情の共有が出来ていないですね。
感情の共有が出来ていないと、男女の関係は親密になりにくいと言えます。

感情の共有が大切なのは友人付き合いと一緒ですね。

僕は旅行が好きで美しい自然や絶景を見るのが大好きなんですが、目の前に絶景があった時

「うわーすげー!」

ってなります(笑)

ただ、横にいる友人が「えっ、普通じゃん」とか言いだしたら、かなりしらけてしまいます。

あなたも似たような経験は無いですか?

僕たちは感情を共有したいという本能があるので、初デートで感情の共有が出来ていないのは致命的なミスになります。

女性の好きな話題をしていない

3つの原因は女性の好きな話題になって無いです

まあこれは説明不要ですよね。
興味のない話題をずっとし続けられるほど、しんどいものはありません。

しかし、驚くことに自分が好きな話題ばかりでトークを進める男性は多いです。

僕は出会い系サイトやマッチングアプリで何十人もの女性とデートしてきましたが、ほかの男性のデートの愚痴を聞くこともたびたびあります。

初デートで沈黙にならない為の会話のコツ

ではでは、本題に入りましょう。

今から6つを詳しく解説していきますが、出来るだけ分かりやすく実践のしやすいコツになっています。

・クローズとクエスチョン、オープンクエスチョンを使い分ける
・オウム返しを打つ
・相槌を打つ
・感情の共有をする
・女性の好きな話題をする
・自分の話をする

ぜひ、何回も読み直して自分のスキル向上に当ててくださいね。

一つ一つ深堀して解説していきます。

クローズドクエスチョン、オープンクエスチョンを使い分ける

1つ目は質問力に関係するコツです。

結論から申し上げると、初デートではクローズドクエスチョンオープンクエスチョンをバランスよく使い分けると、沈黙にならないどころか会話が盛り上がっていきます。

質問の方法は様々な種類があるんですが、初心者の人でも使いやすいのがこの2つの質問方法です。

クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンは営業テクニックや心理学でよく使われる技法ですね。

では、1つ1つ解説していきますね。

クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンは

  • YESもしくはNo
  • AもしくはB

などの二者択一で答える事が出来る質問です。

例えば

仕事は楽しい?
→楽しいor楽しくない

和食と洋食どっちが好き?
→和食or洋食

って感じです。

出会い系でのファーストメールの3つのコツと書き方の例」で必ず質問をしましょうと書いてますが、ファーストメールの質問はクローズドクエスチョンを勧めています。

なぜなら、答えやすいので返信率が上がるからですね

クローズドクエスチョンは返答する際に考える必要があまりないので、相手にストレスを与える事はありません。

なので、初対面の関係での会話で絶大な効果を発揮します。

注意

ただし、クローズドクエスチョンが答えやすいからといって、そればかりしてしまうと尋問みたいになってしまいます。

尋問されて喜ぶ人なんていないですよね(笑)クローズドクエスチョンは使いやすい反面、使いすぎると相手に不快感を与えてしまいます。

僕も最初の頃、デートが上手くいかない時はクローズドクエスチョンばかりしていました。

さらにクローズドクエスチョンは会話を深掘りしていく為の技法ではないので、クローズドクエスチョンばかりだと相手と親密になりません。

そこで出てくるのが、オープンクエスチョンです。

オープンクエスチョン

オープンクエスチョンは二者択一ではなく、相手が自由に答える質問方法です。

例えば、

なんで好きなの?

 

って理由を聞いたりなどですね。

オープンクエスチョンは自由に答える事が出来るので、会話を深掘りしやすくなるメリットがあります。

オープンクエスチョンを上手く使うこなす事が出来ると、誰とでも仲良くなる事が可能です。

このようにオープンクエスチョンは相手の距離を縮める絶大な効果を発揮します。

反面、答えるまでに時間がかかる事も多く、答えが思いつかなかったりすると、会話が詰まってしまう可能性もあります。

さらに、オープンクエスチョンは相手の心の扉を開く行為なので、相手と仲良くない場合に連発すると、間違いなく不快感を与えてしまいます。

  • クローズドクエスチョンばかりもダメ
  • オープンクエスチョンばかりもダメ

ということで、バランスよく使っていくのが、沈黙にならない会話のコツになります!

オウム返しをうつ

オウム返しとは、相手の言った言葉をそっくりそのまま返す事です。

例えば、

 

女の子
昨日、東京ディズニーランドに行ってきたんだ。
チャンプ
東京ディズニーランドに?
女の子
そう!ミッキーたくさんいたの!
チャンプ
たくさんいたんだ!

 

みたいな感じです。

オウム返しをする事で、あなたの話をしっかりと聞いてますよというアピールになります。

相手に気分良く話してもらうための会話テクニックです。

注意

注意点としては、オウム返ししすぎるとわざとらしくてウザく思われるので、ほどほどがいいですね。

相手の言った言葉をそのままオウム返しし続けるのも良くないので、少し言葉を変えるのもいいかもしれません。

相槌を打つ

相槌を打つのも聞き上手になるための基本テクニックです。

相槌を打たないと、話し手からするとちゃんと聞いているか分からないので、随所で相槌を打った方が良いですね。

相槌は下記の種類を織り交ぜてみてください。

・うん
・ほぉ
・なるほど
・確かに
・へー

注意点としては

  • 相槌を連呼しない(うんうん等)・相槌を頻繁に入れない
  • 目を見て相槌を打つ
  • 抑揚をつける
  • 顔と動かす

たまに「うんうん」みたいに相槌を連続する人いますが、ぶっちゃけ耳障りですね。
やめた方が良いです。

相槌を入れすぎるとウザいと思われるので、バランスが大切です。

後の3つはより話を聞いているアピールをする為に意識して欲しい内容です。

感情の共有をしよう

2つ目は感情の共有をしようです。

これは簡単です。

相手の話のリアクションを合わせるだけです。

どういうことかというと、

・悲しい話であれば、悲しそうなリアクション
・楽しい話であれば、楽しそうなリアクション
・嬉しい話であれば、嬉しそうなリアクション

をするだけです。

もし自分にとって悲しい話をしているのに、相手が嬉しそうであれば嫌ですよね?

これは、感情の共有が出来てないのが原因です。

なので、初デートでは相手が話している話が悲しいのか嬉しいのか判断して、合わせたリアクションをして下さいね!

女性の好きな話題をする

3つ目は女性の好きな話題をするですね。

人間は自分の趣味とかの話をするのが大好きです。
なので、女性には好きな趣味とかの話をしてもらいましょう。

注意

ここで、女性の話す内容に全く興味が無かったとしても話を聞いてあげて下さい。

先述したクローズドクエスチョンとオープンクエスチョンを使いましょう。
興味の無い感じで話を聞く事は、話し手の気持ちを落胆させてしまいます。

そうすると「つまらないデート」になってしまう可能性が出てくるので、仮に興味のない話題だったとしてもモテる為に頑張って下さい。

以下に、女性の好きな話題の例を挙げておきます。

グルメ
旅行
美容(ネイルなど)
映画
音楽
漫画
ダイエット
恋愛

この例にある話題でトークを進めていけばOKです。

ただ、あなたにも得意不得意はあると思います。

僕の場合、この中では音楽のジャンルが苦手です。
有名なシンガーとかはミーハーなので聞きますが、iPodとかに曲を入れて聞くほどではありません。

なので、とんでもない音楽好きの女の子とは相性が悪かったりします。

この中で一番話しやすく、さらに女性が好きな話題は「恋愛」ですね。
恋バナは男女の仲を深めてくれる魔法のトークです。

恋バナが嫌いという女性は稀ですね。

自分の話をする

最後ですが、自分の話をするのも必要です。

デート中の会話全て女の子の話ばかりになってしまうと、誘導尋問みたいになってしまって逆効果になります。

デート中に意識して頂きたいのが下記の点です。

・相手8割自分2割で話をする
・質問攻めしない

なぜ、自分の話を2割にしてるかというと、心理学の「自己開示」の効果を狙っているからです。

自己開示とは?

自分のプライベートの情報を晒し出す事で、相手からの好感、信頼、本音などを得る概念の事。

自分のことを一切話さない人なんて信用出来ないですよね?

過去に失敗しました

以前、出会い系で会った女の子とデートした時、自己開示せずに質問攻めしてしまい失敗した経験があります。

【失敗】30歳の営業レディに質問攻めをした結果、、【ペアーズ体験談】

  どうもこんにちは。チャンプです。 今回、完全敗北しました。 下戸はお酒を飲まない方が良いですね。

続きを見る

僕みたいな失敗は事前に勉強しておくと避けれると思うので、沈黙が怖い方は何回もこの記事を読んで下さい。

初デートで最初の5分で好感度を上げる方法

補足です。
初デートで最初の5分で好感度を上げる方法を知りたくありませんか?

怪しいですよね(笑)
僕も怪しいと思います。

劇的な効果はありませんが、心理学として効果が認められる方法があります。
後々の好感度アップの布石となるようなテクニックです。

結論から言うと、初デートで好感度を上げるには頼み事をして下さい。

ここで定義する頼み事は「相手がほぼ確実にYESと言ってくれる頼み事」になります。

例えば

・お箸取ってもらっていい?
・靴紐結ぶからカバン持ってもらっていい?
・お水入れてもらっていい?

など、普通は断らないような頼み事をして下さい。

普通は「お箸取ってもらっていい?」と言われて断らないですよね?

間違っても「1万円貸してもらっていい?」などのような、重い頼み事はしてはいけません。

ポイントは「相手がほぼ確実にYESと言ってくれるような頼み事」なので、しっかり覚えて下さいね。

なぜ頼み事をするのがいいのか?

では、なぜ初デートで頼み事をすると好感度が上がるのでしょうか?

これは心理学の「認知的不協和」を応用しています。

認知的不協和とは?

認知的不協和というのは人々が心の中で矛盾を抱えた時に、矛盾を解消するために自分の考えや態度、行動を無意識に変える事です。

文章だけだと難しいと思うので、有名な喫煙者の認知的不協和を例に出して説明します。

喫煙者の認知的不協和

もし、あなたが喫煙者だったとします。

ある時、「タバコを吸うと肺ガンになる」という話を耳にしたとします。

すると、あなたの中で

  • 認知A:タバコを吸う
  • 認知B:タバコを吸うと肌が劣化する

の2つの認知が生まれます。

認知Aと認知Bは矛盾しています。

誰もが健康体でいたいと考えているので、肺ガンになりやすいと知っておきながらタバコを吸うのは矛盾しています。

なので、認知の矛盾を解消するために「禁煙をする」という行動を選択します。
これが認知的不協和です。

初デートで使える認知的不協和

では、初デートで頼み事をすると好感度が上がるロジックを解説します。

頼み事を受けた相手には以下の認知が存在します。

認知A:好きではない
認知B :頼み事を受けて実行した

ここでは分かりやすく、認知Aは好きではないとしています。

一般的に頼み事を受けて実行するのは「好意のある相手」に対してですよね。

もし、家族や兄弟、親友や恋人から「どうしても明日までに50000円必要やねん。貸してもらっていい?」と頼まれれば、貸す人は多いと思います。

それは、相手に対して好意や信頼があるからこその実行です。
嫌いな人にする人はいません。

好きかもしれないに変わる

先ほどの話に戻りますが、認知Aと認知Bって矛盾しています。
でも、すでに頼み事を引き受けてしまったので、認知Bの事実を変える事は出来ません。

なので、矛盾を解消するには認知Aを変えるしかありません。

好きではない→好きかもしれないとかですね。
もしくは嫌い→嫌いじゃないとかもあります。

なので、仲良くなりたい人にはどんどん頼み事をして下さい。

そして、回数を重ねるたびに頼み事のレベルを上げていって下さい。

認知的不協和がどんどん起きて、あなたに対する好感度は上がり続けます。

初対面での初デートが増えてきた

およそ10年前くらいからネットを通じて出会う人たちが出てきました。

僕が初めてネットで女の子と出会ったのは2009年です。
これまでデートをしたきた人数は80人なので、80回の初デートを経験したという事になります。

それから10年経った今、マッチングアプリの普及で色んな若者がネットを通じて出会いを求める時代になっています。

出会いの方法は多様化してきたので、初対面が初デートなんて状況が増えて来ていますよね。

初対面の印象は最初の数秒~数分で決まる

繰り返しですが、初デートで好印象を得るには簡単な頼みごとをしましょう。

初対面での印象は男女関係が進展するかどうかを左右する非常に大切なものになります。

メラビアンの法則

心理学の中に「メラビアンの法則」というのがあります。

有名なので聞いた事ある人も多いとおと思いますが、人は第一印象を決める際に

外見→55%
話し方→38%
話す内容→7%

の要素で、判断していると言われてます。

半分は外見になるので、自分ができる最大限の外見磨きはしておくのが前提になりますが、
その上でなかなか好感度が上がらないと悩む人にとっては、良い解決策になるんじゃないかと思います。

ぜひ、次回の初デートで試してみて下さい。

初デートで沈黙を避ける為に覚えて欲しい事

最後に大切なことをお話しします。
沈黙を避けるために、覚えてほしい事です。

結論から言うと、話を盛り上げる必要はありません。

というか、話を盛り上げる=良いデートというイメージを捨てた方が良いかなと思います。

話を盛り上げるのはスキルが必要

話を盛り上げると聞くと、おそらく面白い話をしなければならないというイメージを持つ方が多いかなと思います。

たしかに話が盛り上がった方がデートの成功率は飛躍的に上がりますが、話を盛り上げるのは相応のスキルが必要です。

話を盛り上げるには

・トークの順番
・オチのつけ方
・話し方(抑揚や声の大きさ)
・リアクション

など、一朝一夕では身につかないスキルが必要です。

それこそ、話を盛り上げるスキルを身につけるには膨大な経験が必要ですね。

関西人でも難しい

僕は生まれも育ちも関西なので、学生の時から面白い話をしようと心がけています。

関西生まれや関西に住んだ事がある人なら分かると思いますが、関西では面白くない話をすると冷たい目で見られるんですよね。

で?オチは?

みたいなツッコミを冷静に受けてしまうんです。

なので、学生の頃から面白いトークを心がけている僕でも、初デートで話を盛り上げるのは難しいなと思います。

話を盛り上げて女の子を笑わせるのはかなりのトークスキルが必要なので、僕たち素人は目指す必要ありません。

聞き上手を目指す

そこでオススメしたいのが、聞き上手を目指すです。

話し上手を目指すよりも聞き上手を目指す方が簡単だし、早めに習得出来るからです。

聞き上手はモテるなんて言葉を聞いた事あるかもしれませんが、結構マジです。

聞き上手がモテる理由

聞き上手がモテる理由はシンプルで、誰でも自分の話をするのは好きだからですね。

女の子がつまんないと思うデートの定番で男が自分の話ばかりしていたとかありますが、興味のない話を聞き続けるほど苦痛はないと思います。

ただ、自分の話を延々とするのは、誰でも楽しいし気分が良いです。
なので聞き上手はモテるんですよね。

聞き上手になれば、初デートで沈黙になる事はまずありません。

-初デート

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.