マインドセット

異次元に"モテる男"の特徴|圧倒的な恋愛強者になる方法とは?

2021年12月25日

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

異次元にモテる男

シン

元レンタル彼氏|恋愛モテの専門家|黎明期からマッチングアプリを開始|膨大な知識から、経験ゼロでも最短でモテ男になるための知識や思考、テクニックを公開|夢は恋愛教育の義務教育化|2021.8からYoutube &Tiktok開始|総再生回数31万回突破

 

更新情報

2022.1.16 読みやすさ向上のため、図解挿入開始
2022.1.26 図解挿入完了

こんにちは。シンです。

今回は、女性から異次元に"モテる男"になる方法を全て解説をします。

少し長めの記事ですが、特徴を踏まえたうえで、モテる男のマインド、立ち回り、会話などを網羅させて頂きます。

こんな方におすすめ

  • 異次元にモテるようになりたい
  • 女性から追われる男になりたい
  • 他の男に負けたくない
  • モテる男のマインドを知りたい

注意

当記事は30000字を超えるボリュームのため、記事の読み込み時間の短縮および読者の利便性を考慮して、

1ページ目:モテる男の理論
2ページ目:モテる男のマインド
3ページ目:モテる男の立ち回り
4ページ目:モテる男の会話

に分けているので、ご了承ください。

目次

モテる男の本質

モテる男の本質

モテる男になるために、モテる男の"本質"を知っておきましょう。本質という言葉を軽々しく使うことに抵抗はありますが、これから解説するすべての内容の土台になるので、何十年経過しても変わらない"本質"について、最初にお話しさせて頂きます。

結論から言うと、モテる男とは女性が

 

女の子
この人は絶対にモテるだろうな

 

と思われるような男のこと。

逆にいえば、女性が「こいつはモテなさそう」と思われてしまうような男は、高確率でモテません。

では、なぜ女性からモテそうと思われることがモテる男の本質なのか?

人気のある男が好き

人気のある男が好き

そもそも、女性はモテる男が大好き。言い換えると、モテる男とは多数の女性から人気を得ている男のこと。

男にもモテる女性が好きという人たちはいますが、それよりも外見を重要視しています。他の女性から「この子はモテるよ」と評価されていても、その女の子が不細工だったら、大して興味はわきません。

ただ、女性は違います。男性よりも、「人気」というワードに敏感です。

ファン喰いするのは男性

ボーカル

よく、バンドのボーカルやお笑い芸人などが、ファンとヤッたみたいな話を聞きませんか?

これは、ほぼ男性主体の話です。女性ボーカルや女優さんが、ファンとヤッたみたいな話はあまり聞きません。

ぶっちゃけ手っ取り早くモテるには、音楽なりYoutuberなどで、女性人気を獲得するのが一番です(私がYoutubeを始めたのも、人気が欲しいからw)

特に女性経験を積まなくても、何かしらの方法で人気を得ることができれば、女性の方から勝手に寄っていきます。人気のある男に集まるのは、女性の習性と言えるでしょう。

追っかけをするのも女性

そして、追っかけをするのも、基本は女性。追っかけという言葉は女性主体で使われるケースが多いです。

遺伝子を残したい

遺伝子を残す

人間は動物に過ぎないので、女性が人気の男に集まるのは、女性の性(さが)。

そもそも人間がえちえちを求める本当の理由は、快楽を欲しているからではありません。えちえちをして子どもを作ることで、自分の遺伝子を後世に残したいからです。

人間には「死にたくない」という動物としての本能があります。しかし、いずれは死ぬので、自分の子どもを作ることで自分の遺伝子を後世に残そうとしているのです。

これが、子孫繁栄の本能の正体です。

男性と女性の違い

生物学的な男女の違い

そして、男性と女性とでは決定的な違いがあります。

子どもを産めるか産めないか。

どちらも、自分の子どもを作らない限り、遺伝子を後世に残すことができません。

男は自分の遺伝子をたくさん残すことができます。なぜなら、多くの女性とエッチをして、子どもをつくってもらえばいいから。理論的には、世にいる全ての女性に子どもを作ってもらうことも可能です。

しかし、女性は無理ですよね。生理が永久に止まる閉経を迎えると、基本的には妊娠することはありません。閉経を迎える平均年齢は50歳くらいです。

よって男性と違い、自分の子どもを産むまたは自分の遺伝子を後世に残す機会が限られています。

出産のギネス記録

1人の女性が産んだ子どもの数のギネス記録は69人です。とあるロシア人女性が、1725?1765年の40年間で生み続けました。

69人なんて数字は異次元ですよね。普通の女性は、現実的には10人くらいが限界と言われています。

優秀な遺伝子を好む

優秀な遺伝子を求める

女性は自分の遺伝子を後世に残す機会が男性よりも圧倒的に少ないので、なるべく優秀な遺伝子を持つ男性の子どもを産みたいと考えています。

じゃあ優秀な遺伝子って何?って話になると思いますが、いちいち遺伝子検査をするわけにはいきません。

 

女の子
わたしにふさわしい男がどうか調べたいから、遺伝子検査してきて!

 

なんて、言えませんからね。

だから、女性は男性が優秀かどうかを「他の女性からモテるかどうか」で、本能的に判断しています。

 

他の女性からモテる=人気がある=優秀な男

 

という図式が、彼女たちの脳内で無意識に作られているのです。

バンドワゴン効果

心理学の観点からも、女性が人気のある男性に集中し、結果的にその男性がモテるようになることを説明することが可能です。

とある選択肢に選択が集中する時、その選択肢を選択する選択者が増加することを、心理学でバンドワゴン効果と言います。

モテは主観的な概念

人気のある男

モテるモテないも全く一緒です。

女性がひとたび、

 

女の子
この人ってモテるんだろうな

 

と考えると、

 

女の子
モテそう=人気がある=良い男に違いない

 

と、本能的に考えます。

良い男だと思った瞬間、彼女たちは男を搾取対象として見るのではなく、一人のオスとして見ます。これが、モテるための第一歩であり、本質です。

そして、モテとは限りなく主観的な概念です。

仮に、

 

シン
俺は経験人数100人だよ

 

といっても、本当か嘘かは分からないですよね。

逆に

 

シン
俺、童貞だよ

 

と言っても、女性が

 

女の子
絶対に嘘。めっちゃモテそうだし

 

と思ったら、仮に童貞であっても、その女性はその男性を恋愛対象としてみます。

モテる方法の本質

モテるための方法の本質は、「とにかくモテそうと思わせたらOK」ということ。

今、モテるかモテないかは一切関係はありません。

大切なのは、女性がどう感じるか。それのみです。

学問的なモテる男の定義

モテる男

続いて、モテる男の定義について学問的に踏み込んで考えていきましょう。ここでは、進化心理学の観点からモテる男を考察したいと思います。

そもそもとして、モテる男とは一体なんなのか?

  • 怖そうだけど優しい人
  • 金持ちな人
  • イケメン

どれも間違いではないですが、やや抽象的であり、人によって定義の基準も異なります。抽象的な表現だとなかなか腑に落ちないと思うので、もっと具体的な定義が必要ですね。

生物学的なモテるオス

動物の場合、モテるオスというのはたくさんのメスを魅了し交尾をするオスのこと。

全ての生物は己の種(しゅ)の繁栄を最優先にしています。

私たち人間は、幸いなことに全ての動植物の中で食物連鎖の頂点に君臨しています。

しかし、将来的に人間を脅かす「何か」が現れたらどうなるでしょうか?

日に日に人間の数が減っていくと、私たちは本能的に種を守る行動に出ます。

それが、子作りですね。子どもをたくさん作って、人間という種族の存続に全力を尽くすでしょう。

その際、女から拒絶されえちえちできないような男は、モテない男性といえます。種の存続に貢献できていないわけですからね。

つまり、進化生物学の観点から考えると、たくさんの女性とえちえちしている男性がモテると定義することができるのです。

2種類のモテる男

モテる男には2種類あります。

  • Good Genes(以下、GGとする)
  • Good Dad(以下、GDとする)

これだけじゃ、よくわからないですよね。

  • Good Genesは直訳すると「良い遺伝子」
  • Good Dadは「良い夫」

です。

違いを簡単に説明すると、

・女性が本能で魅力を感じる⇒Good Genes
・女性が理性で魅力を感じる⇒Good Dad

です。

2種類のモテる男

そして、2つを兼ね備えた男こそ、理論上最強のモテ男です。

とはいえ、2つを兼ね備えた男はほぼおらず、どちらに偏っている人がほとんどですね。あなたがどちらのモテ男を目指すべきなのかは、あなた自身が恋愛で求める市場によって変わります。

どちらを目指すべきか?

恋愛といっても、全て一括りにはできません。

恋愛は、主に3つの市場で構成されています。

・恋愛市場
・結婚市場
・浮気市場

市場

恋愛市場は、恋人を求めている市場。
結婚市場は、結婚相手を求めている市場。
浮気市場は、浮気相手(えちえち)を求めている市場。

です。

勘のいい方なら分かったと思いますが、

・GGは浮気市場と恋愛市場
・GDは結婚市場と恋愛市場

でモテます。

各市場での優先順位ですが、

恋愛市場→最初はGG、後にGD
結婚市場→基本的にGD優位
浮気市場→基本的にGG優位。(ただし、キープをするにはGDも必要)

恋愛市場は結婚市場と浮気市場の間に位置するようなイメージなので、2つともに含まれています。

あなたの求める結果を出すためには戦略が欠かせないので、結婚相手を探したいのにGGを目指すような非効率な戦略は取らないようにしましょう。

続いて、Good GenesとGood Dadについて、詳しい深掘りしていきます。

Good Genes

Goodgenes

良い遺伝子を意味します。女性が優秀な遺伝子を求めるのは、先述した通りです。

では、「良い遺伝子」とは一体何なのか?

結論からいうと、下記の特徴を備えた遺伝子が、女性にモテる遺伝子だといえます。

・安定性
・正確性
・多産性

これだけだとよくわからないと思うので、詳しく説明します。

安定性

 

安定性

安定性に優れた遺伝子とは、健康的かどうか

今でこそ平均寿命は80歳くらいまでありますが、太古の昔は30歳で死ぬことはよくありました。女性は男性に依存をして生活をしていました。食料を調達するための狩りが出来たのは、男性だけだから。

そのため、パートナーの男性が病気で早く死んでしまうことは、女性にとっては死活問題。男性が死んでしまうと、食料を調達してくれる人がいなくなるからです。

だからこそ、女性は本能的に健康的な男性を求めます。強い免疫力を持つ男性です。

具体例

・筋肉質
・姿勢が良い
・肌が綺麗
・髪の毛が綺麗
・シミがない

これらは全て、本能的に安定性に優れた遺伝子を持つと思われる特徴です。

逆に、

・ガリガリ、デブ
・猫背
・ニキビ肌、アトピー
・枝毛だらけ
・シミだらけ

は、安定性に劣る遺伝子だと思われます。

私は生まれつきのアトピーで免疫力も弱いので、安定性に劣ると思われないための努力をしています。

正確性

正確性

正確性に優れた遺伝子とは、遺伝子が正常であるかどうか

遺伝子は後世に受け継がれる過程で、100%受け継がれるわけではありません。たまにエラーを起こします。エラーの一種を、現代では「障害」と呼んだりします。

決して差別を意図する発言ではないですが、障害を抱えた子どもを産みたいと考える人はいないでしょう。遺伝は確率論なので、正確な遺伝子を持つ男性と性行為をしたいと考えるのが女性の持つ本能です。

私は母親からの遺伝によってアトピー持ちで生まれました。アトピーは本当に辛いので、子どもに遺伝させたくない。いわば、私はアレルギーに関わる遺伝子にエラーが起きているので、結婚するとすればアレルギーを持たない人と結婚したいと考えています。

具体例

・イケメン
・美人

顔のパーツが左右対称の人って、イケメンとか美人って呼ばれませんか?

これは、正確性に優れた遺伝子を持っている証拠。不細工な人がイケメンや美女を求めるのは本能です。

自分自身が正確性に劣る遺伝子を持っていると本能的に理解しているので、正確性に優れた遺伝子を持つ人との子どもを作りたいのです。

多産性

多産性

多産性とは、子どもを多く産める力があるかどうか

人間がえちえちをする理由は、子孫繁栄です。さらに深掘りすると、自分の遺伝子を後世に残すため

女性が一生に産める子どもの人数に限りがあるので、優秀な遺伝子を持つ男を求めます。

しかし、パートナーの男が何かしらの理由で子どもが産めない人だったら、女性の遺伝子を後世に伝えることが出来ません。今は男性向けの不妊治療はありますが、昔はありませんでした。

なので、女性にとってたくさんの子どもを産める男性は、優秀な遺伝子を持つと思われるのです。

具体例

・精液の量が多い
・勃起力が強い
・ペニスが大きい
・一晩で何回もエッチ出来る

分かりやすいですよね。巨根がモテると言われる理由は、多産性に優れると本能で思われているから。

射精時にたくさんの精液が出ることに喜ぶ女性も少なくありません。本能的に嬉しいと感じるのでしょう。

Good Dad

GoodDad

GDを直訳すると、良い夫。つまり、女性がパートナーとしてふさわしいかどうか判断する要素です。

GGが「男として」という女性の本能に訴えかける要素であるのに対し、GDは女性の理性に訴えかける要素

女性が普段、「好みのタイプは〇〇です」と答えている多くは、Good Dadですね。

Good Dadの主な特徴

・高年収
・肩書き
・社会的地位
・将来性
・浮気しないかどうか
・誠実さ
・育児に対する熱意

は以下の通りです。

夫、父親として理想とされるスペックなどを要求されるのが、GDです。

優先順位

男にはGood GenesとGood Dadの要素があり、女性はどちらかの要素を優れている男性を探し求めています。

理想は2つとも兼ね備えた男ですが、Goog GenesとGood Dadは相反する要素なので、どちらかの要素が強い場合がほとんど

先述した恋愛市場、結婚市場、浮気市場、いずれの市場でも、最初に重要視されるのはGoog Genesです。

その後、下記の割合に分類されます(あくまで感覚値です)

要求される順番

GGの要素を高める目的は、女性から恋愛や浮気の対象として見てもらう為でもありますが、本質は「ボーダーラインを超える」ため。

恋愛はボーダーラインを超えないと成立しないので、どれだけ年収が高かろうが、見た目のボーダーラインを下回ってしまうと、そもそもとしてスタートラインに立つ事すらできないという状態に陥ります。

イケメンが有利な理由

イケメンが恋愛に有利なのは、ボーダーラインを超える確率が高いから。

女性によって、男性に求める見た目のボーダーラインの基準は様々ですが、とにかく最低限の外見磨きは恋愛活動をするうえで、絶対に必要になります。

そして、GDの要素は、見た目のボーダーラインを超えてから要求される要素です。特に結婚を見据えた恋愛活動を行う場合は、GGよりもGDの要素を高める努力をした方が、賢い戦略と言えるでしょう。

ちなみに、なぜ浮気市場でもGDが要求されるかというと、セフレの関係になり長期的に関係を築くには、後々にGDの要素も必要となるからです。

女性が本能的に欲する男の"強さ"

さらに進化心理学の観点から、オンナが強い男を欲する理由を紐解いていきましょう。

そもそも、人間の心理メカニズムは1万年も前から変わっていないというのが進化心理学の考えですが、太古の昔から女性は弱い立場にありました。

・自分で食料を調達できない
・力が弱い
・ほとんどが従者の立場(リーダーに付き従っているという意味)

その証拠に、現代社会で「気が強い女性」のことを「あいつは男みたい」と称することがあるくらい、女=弱い生き物という考えが浸透しています。オンナが考える男の強さとは、以下の通りです。

  • 精神的強さ
  • 肉体的強さ
  • 経済的強さ

肉体的強さとは病気に強いや筋肉質であること、経済的強さとは社会的地位の高い職に就いていたり裕福であるということ。

本章では「精神的強さ」に絞って、深掘りして解説をします。

"オンナ"が欲する精神的強さ

精神的強さ=メンタルが強いと解釈されがちですが、恋愛においては少しだけ異なります。メンタルが強いのも正しいのですが、少しだけ抽象的すぎるので、もっと具体的に落とし込みます。

オンナの欲する精神的強さとは、

  • リードする覚悟
  • 責任を持つ覚悟
  • 上に立つ覚悟

上記、主に3つです。

リードする覚悟

なぜ女性はリードしてほしいのか?

原始時代は今とは違い、10~30人ぐらいの集団を形成して、移動しながら生活をしていました。家族というよりかは「集団」です。集団の長であるリーダーは、基本的に男性が担当していました。

会社の上司や部活の主将がかっこよく見えるのは、集団を率いているから。彼らは平社員やただの部員と比較するとモテます。

原始時代ともなると、リーダーの能力によって集団が生存するか死ぬかが左右されるほどでした。

当然、女性の目からすると、優秀なリーダーは魅力的に映ります。女性は自らの力で食料調達をする事が出来なかったので、「誰に付き従う」かで生存確率が大幅に左右されていました。

恋愛に置き換えると、、

これを恋愛に置き換えると、男性主導であらゆる選択を進めるべきという結論に至ります。

男性主導で何を進めるべきかというと、

・LINE交換の打診タイミング
・デートの日にち
・店のジャンル
・待ち合わせ時間、場所
・食事メニュー、ドリンク
・店を出るタイミング
・家へ誘うタイミング

など、あらゆる選択事項を、男性主導で決定するのです。

人は1日に9000回もの選択をしていると言われています。

女性にも選択権があるわけですが、男性が代わって選択の決定をすることで、女性の脳に

 

女の子
私は、この人の決定に従っている

 

と、無意識に刷り込みがされます。

すると、後々のえちえち打診などにおいても男性有利に事の展開を運ぶ事が出来るので、あらゆる選択事項を男性主導で決定してください。

責任を持つ覚悟

女性は責任を持つのを非常に嫌います。それはなぜか?

原始時代に集団で何か大きな失敗をしてしまい、責任を取るとどうなっていたか?

答えは、集団からの追放です。原始時代に女性が集団から追放されてしまうと、ほぼ生存する事が出来なくなってしまいます。

だから女性は自分で決めたくないし、責任を持ちたくありません。本能的に集団から追放されてしまう事を恐れているからです。

恋愛に置き換えると、、

リードをする覚悟を持つ部分と似ていますが、ここでも男性主導で決定を行うべきという結論に至ります。

例えば、何か映画を見ようという話になった時、女性が選んだ映画を見るという展開は避けるべき

もし、映画がつまらなかったら、責任は「映画を選んだ女性」になってしまいます。

食事メニューとかでも一緒ですね。だからこそ、あらゆる決定は男性が行うべきと言えるでしょう。

上に立つ覚悟

男がモテるうえでの大前提にある考えは、「男が上で女が下」です。

しかし、多くの男性は可愛い女の子を目の前にすると、嫌われたくない一心で媚びたり下手に出てしまい、モテないのです。

上司や部下の関係ではない状態から、"オンナ"が

 

女の子
この人は、私よりも上の立場にいる

 

と無意識に思わせるには、どのような立ち回りをするべきなのか?

結論から言うと、下記の立ち回りをすればOKです。

・いじる
・怒る
・毒を吐く
・選んでやっている立場だと考える
・複数の女性と同時進行で恋愛を進める
・サンクコストをかけさせる

詳しい解説は後述します。

モテる男になるための全体像

ステップ

それでは、具体的にモテる男になるための全体像をステップで解説をします。

ステップは下記の通り。

1.恋愛の理論を学ぶ
2.NGリストに入らないための外見作り
3.女性とデートを重ねる
4.失敗した原因を分析し、改善する
5.2から4の繰り返し

それでは、1つ1つ解説します。

1.恋愛の理論を学ぶ(重要度★★★☆☆)

理論

基礎知識として、恋愛の理論を学んでおきましょう。理論→実践の流れを作るために、理論の勉強はしておくべきですね。

といっても、本を何十冊も読み込む必要はなく、とりあえずは本記事を何回も読んでおけば大丈夫です。

2.NGリストに入らないための外見作り(重要度★★★☆☆)

外見作り

イケメンは恋愛に多少有利というだけであって、絶対的有利ではありません。イケメンではなくても十分にモテることはできます。

ただ、女の子のNGリストに入らないための外見作りは必要。

気をつけるべき点は下記の通りです。

・伸ばしっぱなしの髪
・無精髭
・伸びきった爪
・よれよれの服
・体型に合わない服
・肌荒れ
・ボサボサの眉毛
・鼻毛

などは、NGリストに入りやすい外見の特徴。つまり、清潔感を保てばOKですね。

男性の外見の加点割合はそれほど大きくはないので、NGラインを超えていれば減点されることはないでしょう。

そして、女性の恋愛の価値観は時間が経つにつれて「減点方式⇒加点方式」へと変化していくので、

・筋トレ
・髪型を整える
・体型に合った服装を着る
・良い靴を履く

などの努力や工夫をすれば、加点はできます。

3.女性とデートを重ねる(重要度★★★★★)

デート

一番重要です。女性とデートをする経験を軽視する人も多いですが、実践から得る学びに勝てるものはありません。

ネット上には様々なモテる方法が書いてありますが、全て実践ありき。打席に立たないと野球が上手くならないのと一緒で、テクニックは女性とデートをして身につけるしかありません。

インプットした上で、実際に女性とデートをしてアウトプットをしていきましょう。

4.失敗した原因を分析し、改善する(重要度★★★★☆)

分析改善

初デートで失敗することに恐怖を抱く人は多いですが、気にしなくていいです。モテる人も、最初は失敗の連続です。失敗から何を学ぶかの方が大切ですからね。

なるべくたくさんの女の子とデートをして、その度に反省点を見つけて下さい。

例えば、

・ホテルへ誘導セリフが遠回しすぎた
・手を繋ぐべぎだった
・会った瞬間に褒めるべきだった

など、こうすべきだったみたいな点があるはず。

あとは、ひたすら「仮説→実践→反省→検証」を繰り返していると、いつのまにかモテるあなたになっています。

次のページへ >

”オンナ”からオカズとして使われるほどモテる男になるための教科書

恋愛強者への道しるべ

出会う女性がメスと化し”オンナ”の顔にしてしまう男。たった1割の恋愛強者になるにはどうすればいいのか?

書き上げるのに1カ月かかりました。

今すぐ恋愛強者への道しるべを読んでみる

  • この記事を書いた人

シン

元レンタル彼氏|恋愛モテの専門家|黎明期からマッチングアプリを開始|膨大な知識から、経験ゼロでも最短でモテ男になるための知識や思考、テクニックを公開|夢は恋愛教育の義務教育化|2021.8からYoutube &Tiktok開始|総再生回数31万回突破