マインドセット

差別をしてモテる方法とは?

 

どうもこんにちは。シンです。

今回、モテる差別をする方法についてお話をします。

まず最初に言っておきます。
釣りタイトルです。
申し訳ありません。

タイトルには差別としていますが、一般的に定義される人種差別や男女差別を助長するような内容では一切ありません。

女性の中でも気になる女性もいればそうでない女性もいると思いますが、気になる女性とそうでない女性とで差をつけてあげましょうという話です。

いわゆる特別扱いのことです。
なので、いい意味での差別ですね。

一応動画を取るにあたって差別という言葉の定義を調べてみたのですが、特定の個人に対して冷遇または優遇することを差別と言うそうです。

恋愛での特別扱いは優遇にあたる差別だと思いますが、もし間違っていたらコメント欄などに記入して頂ければと思います。

ただ、特別扱いの重要性や正しいやり方についてご存知ない方もたくさんいるかと思いますので、今回はモテる特別扱いについて解説をします。

なぜ女性は特別扱いを求めるのか?

ではそもそも女性はお姫様扱いを代表するようか特別扱いをなぜ求むのか?

小学校の道徳の授業では、男女、人種関わらず差別をせずに平等に接しましょうと教えられます。

学校教育の観点から考えると、これは正解です。もし子どもの頃に差別を助長してしまうような教育をしてしまうと、秩序が乱れた世の中になってしまいますよね。

しかし、こと恋愛においては、平等に接することがマイナスに働くことが多いんです。

誤解のないようにお伝えすると、あなたが気に入った女性と気に入っていない女性、もし本気で口説き落としたいのであれば、差別をした方が良いです。

なぜかというと、女性が一番であることに安心感を持って生きているからです。

女性は意中の男性が出来た時、その男性の一番になろうとします。二番や三番じゃダメなんです。一番であることに拘ります。

これはあまり男にはない傾向で、女性は特にパートナーにとっての一番に拘ります。女性が男を巡って競争すると、男以上にドロドロとした展開になるのは、そういった理由があるからです。

なので、女性を特別扱いすること=君は俺にとっての一番の女性だよというメッセージにもなります。

だからこそ、特別な女性にだけ優遇するようか差別をして、女性に対して安心感を与える男がモテるわけですね。

そして、なぜ女性は一番であることに安心感を覚えるかというと、本能的な問題です。

人間が誕生してからずっと長い間、男が狩りで食料を調達して女、子どもを養ってきました。

女性は身体能力的に狩りをするのに向いていないので、男性に狩りをお願いして栄養を補給していたわけですね。

なので、女性にとって男性のパートナーであることは死活問題に繋がります。もし、男性に捨てられてしまうと、栄養価の高い動物の肉とかを食べれなくなってしまうからです。

だから彼女たちとって、パートナーの男性にとって「一番の女」という肩書きは、私たち男が想像する以上に特別な意味を持っていて、浮気を嫌がったりするのも全ては、一番の女の座を守りたい故の本能なわけです。

なので、女性に対して優遇するような差別をして特別扱いをすることは、人間が誰でも持っている生存欲求を満たすことにも繋がるし、何より彼女たちの自己肯定感を保つために非常に重要な役割を担っていることになります。

贔屓や優遇することは道徳上良しとはされないですけど、こと恋愛において女性からモテたいのであれば、その考えは捨てて下さい。

女性は他の女性と比較をされた上で優遇されたいし贔屓されたいのです。平等に扱うのは、むしろ不安を煽ってしまうことになるので、大抵の場合は悪い結果を生みやすいと言えると思います。

たとえ、色んな男から冷遇されたとしても、たった1人の男から特別扱いをされるだけで、彼女たちは生きている実感を得ることができるし、自尊心を保つことができるわけです。

このような女性の根本的な心理を理解しておくことは、恋愛攻略をする上で非常に大事になるので、これからも必要な時に解説をしていきますので、他の動画もぜひご覧ください。

上手な特別扱い

ここからオマケです。
特別扱いをすることでモテるには、根本的な理由や女性心理を理解しておくことの方が重要です。

今までお話した内容を理解しておくことが8割くらいだとすると、特別扱いをする方法なんて残り2割くらいなものなので、さらっと説明しすね。

それでは、上手な特別扱いとはいったいなんなのか?

それはあるたった1つのルールを必ず守るだけで、上手な特別扱いができます。

それは、言葉として表現すること。
つまり、しっかりと伝えるということです。

多くの男性がやりがちなミス。
それは、わざわざ言わなくても分かるでしょ?ってなったり、言わない方がカッコいいと思い、言葉として特別扱いしてることを伝えないことです。

行動で愛情を受け取りたい男性と、言葉で愛情を受け取りたい女性。

愛情表現の受け取り方は男女で違うんですよね。女性が好きと言ってくれないと不安になると言うのは、嘘でもなんでもなく本当に不安になってるんです。

なので、特別扱いをするにしても、ちゃんと言葉として必ず伝えて上げてください。

必ずです。

・こんなことするのは、◯◯ちゃんにだけ
・◯◯ちゃん以外にこんなことはしない

たとえ思っていたとしても、言葉として伝えたないと、女の子は気付いてくれません。

だから、思ってもいないことを言えるような口の上手い男性というのは昔からモテるわけです。

可愛いとか好きも一緒なんですけど、恋愛は言葉として伝える男が勝ちます。伝えないと全く無意味くらいに考えた方が良いかもしれません。

今は可愛いと思った子には言うようにしてるんですけど、昔は恥ずかしかったりとか、軽薄そうなイメージがあったので、女の子に可愛いって全然言えなかったんですよね。

それこそ、特別扱いについても言葉として伝えるのが恥ずかしくて、、、

そのせいか、告白した時に「好きだったなんて全然気づかなかった」って言われて、その時に好意は絶対に言葉として伝えるにしよって思いました。

まとめ

ではまとめですが、モテる差別をすることで、他の男との差別化に繋がります。

特別扱いをする根本的な理由について知っておくだけでも、知らない男性に比べて有利になります。

このように、恋愛シーンでは知っておかないと損するけど、知っておくだけで得する事実や理論とかあったりするので、これからもあなたの恋愛力を20点上げるような動画を作っていきますので、ぜひ楽しみにして頂ければ幸いです。

【参加費無料】おかげさまで参加者115人突破!恋愛力トレーニングメールマガジン「モテザップ-MOTEZAP-」

モテザップ

モテる友人や先輩、または芸能人をみてうらやましいと思ったことは一度くらいありませんか?

このメールマガジンでは、

・1年間で52人の女性とデートし。24人と関係を持った全貌
・科学的なアプローチによる恋愛の基礎知識
・女の子の心を鷲掴みにするために必要な2つの会話術

など、女の子からモテるために必要な知識からノウハウを、12万字以上のテキストにまとめてメール形式で解説をしています。

ぜひ、あなたの恋愛偏差値を上げるきっかけにしてください。

今すぐモテザップに参加する(無料)

  • この記事を書いた人

チャンプ

元レンタル彼氏でデート100人以上、経験人数50人以上。マッチングアプリ歴8年。本業は営業マン。直家4か月で11即。恋愛弱者が強者になるための情報を発信しています。

-マインドセット

© 2021 モテ隊