初デート

85%で成功する男からの初デートの誘い方【データも公開】

2018年12月3日

女の子がついOKを言ってしまうデートの誘い方

 

こんにちわ。チャンプです。

今回ですが、苦戦しやすいデートの約束の取り付け方を解説していきます。

今から紹介するコツとかを抑えてもらえれば、80~90%の確率でデートの約束を取り付ける事が出来ると思います。

デートの約束を取り付ける5つのコツ

断られないデートの誘い方のコツは以下の通りです。

・デートという単語を使わない
・好感度によってデート内容を変える
・デート日は二者択一で決めさせる
・盛り上がっている時に誘う
・小さいYesを取ってから誘う

一つ一つ解説しますね。

コツ①デートという単語を使わない

1つ目はデートという単語を使わない事です。

やっぱり「デート」という単語を出してしまうと、警戒される可能性が高いんですよね。

特に好感度が低い状態でデートなんて単語を使ってしまうと、拒絶反応が起きるかもしれません。

食事を誘うにしろ映画を誘うにしろ、デートという単語は使わない方が無難ですね。

コツ②好感度によってデート内容を変える

よく、デートの誘いに失敗する理由として、好感度によってデート内容を見極めきれてない事があります。

好感度が低い状態で遊園地とかに誘っても、断られる可能性は非常に高いです。

にもかかわらず、ハードルの高い場所を提案する男は多いですね。
1回目のデートは好感度が低い高いに関わらず、食事を提案するのがベストです。

下に、デート内容を難易度別に分けてみました。

デートの難易度デート内容
易しい食事、買い物、映画、ボーリング
普通ドライブ、マンガ喫茶、カラオケ
難しい花火、遊園地、水族館
超難しい自宅、ホテル、旅行

基本的に1回目のデートは「易しい」「普通」を選んでください。
いきなり「難しい」「超難しい」を選んでしまうと、女の子は引いてしまいます。

2回目、3回目のデートは女の子との親密度によって難易度を上げる方が良いですね。

「超難しい」はえっちを連想される場所なので基本は避ける方が無難ですが、1回目のデートで好感度を上げれば自宅デートは簡単に出来ます。

女の子は食事が楽しければ次のデートの誘いを受けてくれますので、まずは食事から提案して下さい。

基本的に女の子は男を徐々に好きになっていくので、デート内容も徐々に上げるのが良いですね。

③デート日は二者択一で決めさせる

デートの日にちを決める際、必ず二者選択で誘導をするのをお勧めします。

よくあるパターンが「空いてる日ある?」って質問する事ですね。

これは、「空いてる日ない」と言われてしまうと、切り返しが非常に困難になります。

つまり、イエスかノーで答える質問をしないという事です。

僕がいつもやるのが

 

チャンプ
普段、平日が土日だったらどっちが都合いい?

 

女の子
どっちかというと、平日かなー

 

チャンプ
そうなんだ。今週と来週だったらどっちがいい?

 

女の子
来週かなぁー

 

チャンプ
じゃあ、俺1日と3日空いてるけど、どっちかでご飯いこうよ!

 

女の子
1日だったら空いてるよ!

 

チャンプ
おっけー!じゃあ1日にご飯食べに行こうか!

 

って感じですね。

平日or土日

今週or来週

1日or3日

と、徐々に選択する対象の範囲が狭くしているのが分かります。

僕はテレアポの経験があるのですが、仕事でアポを取る時とデートのアポを取る時のロジックは一緒です。

好感度が非常に高い時はいきなり空いてる日を聞いてもいいですが、好感度がそれほど高くないと感じれば二者択一式の方が良いですね。

仮にメールやLINEの段階で好感度が高くなくても、デートで好感度を上げる事は十分に可能ですので。

あと、二者択一式の誘い方は、相手に日にちを選択させているので、デートのドタキャン阻止にも繋がります。

④盛り上がっている時に誘う

デートはメールや電話で話が盛り上がってる時に誘うと、高確率でデートの約束を取り付ける事が可能ですね。

話が盛り上がったり、好感度が高くなっているかどうかの判断は

・メールの返信間隔
・メールの文章の量

の2つで判断して下さい。

最初の時に比べてメールの返信間隔が早くなっていれば、好感度が上がってきてますね。

メールの文章の量が増えていれば、これも同じく好感度が上がってきていると判断して良いでしょう。

この2つを満たしている状態でデートを誘うと、ほぼ断られる事はないかと思います。

⑤小さいYesを取ってから誘う

デートを誘う際は、小さいYesを取ってから行うと成功率が高くなります。

これは、営業の世界では「Yes取り」と呼ばれるテクニックです。

具体例を挙げると

 

女の子
最近、パスタハマってるんだよね。

 

チャンプ
そうなの?パスタ好きなんだ?

 

女の子
うん!好き!←Yes

 

チャンプ
じゃあ!今度、一緒に食べにいこっか!

 

女の子
いいよ!

 

チャンプ
じゃあ、、、、

 

いきなり「来週にパスタ食べにいこうよ!」と誘うのではなく、まずは「パスタ好きなんだ?」と聞いて、「はい」の答えをもらいます。

この場合、パスタにハマっているという情報があるので、パスタ好き?と聞くと、高確率でYesの返事がきます。

そのあとに、一緒に食べに行こうと誘えば、ほぼOKがもらえると思います。

その後は、③デート日は二者択一で決めさせるのコツを使って、日にちを決めて下さい。

続いて、初デートでの店選びのポイントをお伝えします。
失敗しないためのデートプランニングを成功させるには、店選びがカギを握っているといっても過言ではありません。

店選びのポイント

結論から言うと、店選びのポイントは下記の2点の特徴を備えた店を選びましょう。

・少し賑やかな店を選ぶ
・対面の座席よりは横並びかL字の席を選ぶ

1つ1つ解説していきますね。

少し賑やかな店を選ぶ

少し賑やかな店

よく恋愛を指南する本では「おしゃれで静かなお店を選びましょう」と書かれている事が多いです。

女の子は雰囲気を大切にするので、正解である事は間違いないです。
ただし、おしゃれで静かな店はリスクがある事を解説している人は少ないですね。

盛り上がらない原因

初デートの失敗あるあるとして、思うようにデートが盛り上がらなかったというのがあります。

この「盛り上がらなかった」というのは、会話のラリーの数というよりはその場の雰囲気で決定します。

静かな店を選んでしまうと、沈黙になった時の時間が非常に気まずいんですよね。

話が盛り上がればいいじゃんと思うかもしれませんが、食事の時間ずっと盛り上げるのは相当なテクニックが必要です。

というか、会話のプロであるホストでも、必ず沈黙になります。
ただ、ホストクラブは賑やかなので、沈黙が苦にならないのです。

おしゃれで静かな店を選んだ場合、成功した時のリターンは大きいですが失敗するリスクの方が高いです。

周りが少し賑やかであれば、沈黙になったとしてもそれほど気まずさは残りません。

女性は沈黙を嫌う

なぜ、これほどまでに沈黙に対しての対策を解説しているかというと、女性は男性に比べて沈黙に対する抵抗力が弱いからです。

男であれば、男友達同士で沈黙であってもそれほど気にならない人も多いですが、女の子にとって沈黙は苦痛でしかありません。

女の子はお喋り好きな生き物です。
カフェで何時間もトークするのも、ほとんどが女の子ですからね。

本能が沈黙を避ける

なぜ、女の子が沈黙を苦痛に感じるかというと、大昔の記憶が本能として備わっているからと言われています。

原始時代、男は狩猟民族として生活していましたが、女の子は集落を作って子供たちを養っていました

その中で会話を通して人間関係を形成していきました。
女性は男性に比べて集団行動を求める傾向にある事からも分かると思います。

なので、女性にとって「会話をする」というのは生を実感するツールなので、初デートでは出来るだけ沈黙を避けなければなりません。

とはいえ、必ず沈黙の瞬間は訪れます。
ホストですら、沈黙から逃れることは出来ません。

少し賑やかな店であれば沈黙の気まずさを大幅に下げてくれるので、
初デートの店としては最適ですね。

対面の座席よりは横並びかL字の席を選ぶ

横並び

先述した少し賑やかな店は、初デートを失敗させない為の必須条件です。
細かい会話のテクニックなどを除けば、それだけで失敗する可能性を大幅に下げてくれます。

今から解説するのは、余裕があればでOKです。

初デートの店選びで、対面式の座席よりも横並びもしくはL字の座席を選ぶと、さらに失敗のリスクを下げてくれます。

なぜかというと、対面での会話というのはストレスを感じてしまうからです。

対面での会話で分かりやすい例が、面接ですね。

  • 新卒採用の面接
  • バイトの面接

基本的に面接ってストレスかかりますよね?

面接終わった後に疲れを感じる事はよくあると思います。

他にも、電車に乗った時に横に座られるよりも、目の前に立たれる方が圧迫感があってストレスを感じませんか?

パーソナルスペース

僕たちにはパーソナルスペースというのが存在します。

パーソナルスペース

他人に入られると不快に感じてしまう空間の事です。

パーソナルスペースは相手との親密度が深いほど狭くなります。
もし、あなたの目の前に赤の他人が出現すると、2歩3歩後ずさりしますよね。

パーソナルスペースの形

ここでポイントなんですが、パーソナルスペースが最も広い場所が「前」です。
逆に横と斜め前、後ろとかは前に比べて狭いと言われています。

なので、相手に緊張感やストレスを与えない為にも、対面の座席よりも横並びとかL字の座席の方が良い印象を与えやすくなりますね。

僕は初デートの際に店を予約するのですが、ほぼほぼカウンター席で予約します。
予約なしだとカウンター席に座れない可能性があるので、必ず予約するようにしています。

皆さんも、予約する際はカウンター席があるかどうか確認してくださいね。

失敗した例

ここで一つ失敗をした例を挙げておきます。

まずは、下記の体験談をご覧ください。

【機転】28歳保育士の女に全額支払わられそうになったが回避したったww【ハッピーメール体験談】

  どうもこんにちは。チャンプです。 今回はペアーズで彼女が出来てからの股作戦の1人目の女の子と会ってきた話です。 完全敗北でしたw

続きを見る

結論を言うと、上記の体験談のデートは失敗しています。

横並びの席だったのですが、夜景が見えるカウンター席を予約してしまい、周りに誰もいない静かな場所でした。

結局、僕も相手も緊張してうまくしゃべれなかったデートですね。

結果を公開

85%成功する初デートの誘い方という少し強気な記事タイトルにしているので、本当にお前はデートを断られていないのか?という疑問を持つ方もいると思います。

以下の表は、主に出会い系、マッチングアプリで2019年1月~6月にかけてデートを誘った数と断られた数などをまとめたものです。

OKをもらえたデートの確率
デートを誘った人数39人
OKをもらった人数33人
断られた人数6人
OKをもらう確率85%

実際にデートした人数は29人です。
OKをもらった人数と乖離があるのは、返信が来なくなったり、僕が面倒になってドタキャンしたのが理由です。

データ元が出会い系サイトなので、一般的な出会いに比べて断られにくいのは事実ですが、断られないためにはどうすればいいか試行錯誤した上での結果なので、信頼性はあるかなと思います。

デートをするのは簡単です

この記事を読んでくれている方に伝えたいのが、デートの約束を取り付けるのは難しくないという事です。

難しいと考えてしまうと、なかなか思うような結果は得られません。
思考は現実化するってやつですね。

先述した5つのポイントを押さえてもらえれば、少なくとも2回に1回はOKをもらえると思います。
本当にデートの約束を取り付けるのは簡単ですから。

そして、店選びのポイントを2つだけ紹介したので、必ずポイントを備えた店を予約して下さいね。
和洋中は、女の子の好きなのを選べばいいと思います。

-初デート

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.