出会い系アプリ攻略

出会い系でモテるプロフィール写真の作り方【男性編】

出会い系でモテるプロフィール写真の作り方

 

出会い系を始めてみたけど、どんな写真を載せたらいいかわからない。

そんな疑問にお答えしたいと思います。

参考までに、当ブログ管理人は出会い系サイト歴7年になります。

出会い系でモテるプロフィール写真

モテるプロフィール写真は下記の特徴を備えた写真です。

・ペットと一緒に写っている写真
・友人と楽しそうにしている写真
・プロフィールと一貫性のある写真
・笑顔の写真

詳しく解説します。

ペットと一緒に写っている写真

ペットと一緒に写っている

出会い系では必ずペットと一緒に写っている写真を載せて欲しいです。

理由は女性ウケが良いから。

動物を大切にする男性って、女性からすると鉄板で良い印象なんです。

 

この人優しそ〜

 

ってなるんです。

逆に同様にペットと一緒に写っている女性の写真を見ると、僕も優しそうな女性だなと感じます。

おすすめは犬もしくな猫の写真ですね。

友人と楽しそうにしている写真

友人と楽しそうにしている

もし、あなたしか写っていない写真ばかり載せていると、「この人って友達いるんだろうか?」と思われます。

友達がいない人=ヤバい人と思われるので、できれば友人と楽しそうにしている写真を載せておくと良い反応が取れます。

例えば

・友人とBBQしている写真
・会社での飲み会の写真
・大学でのサークル活動での写真

とかですね。

何かしら集団で撮った写真があると思うので、あなただけ切り取って載せましょう。

他の人も一緒に載せる場合は、必ずモザイク処理などして肖像権を守ってくださいね。

プロフィールと一貫性のある写真

プロフィールと一貫性のある

これは、プロフィールに記載している自己紹介文と一貫性のある写真という意味です。

例えば、趣味について

・旅行
・野球
・カフェ

と書いていた場合、

プロフィール写真も

・旅行中の写真
・野球をしている写真
・コーヒーを飲んでいる写真

が望ましいです。

女の子はあなたのプロフィールの写真を見て、どんな人か想像を膨らませます。

もし、趣味が旅行、野球、カフェと書いているのに、

・釣りをしている写真
・サッカーをしている写真
・ラーメンを食べている写真

だと、いまいちよくわかんないですよね。

なので、プロフィール(自己紹介文)とプロフィール写真は一貫性を持たせるべきです。

笑顔の写真

笑顔

必ず笑顔の写真を載せましょう。
できればメイン画像にしておくのが良いですね。

プロフィール写真の撮り方

出会い系で使用するプロフィール写真は、以下の3パターンで撮影できます。

・自撮り
・他撮り(素人)
・他撮り(プロ)

1つ1つ解説します。

自撮り

自撮り

出会い系のプロフィール写真で、最も撮影方法として多いのが自撮りです。
理由は簡単、今すぐに撮れるから。

プロフィール写真を準備できるまでの時間が、他の撮影方法に比べて圧倒的に速いです。

ただ、お持ちのスマートフォンを使って、普通に自撮りをするのはおすすめできません。

少なくとも

・自撮り棒
・ミニ三脚

のどちらかを使って、撮影した方が良いですね。

理由としては、自撮りはあまりウケが良くないからです。
ナルシスト感が出てしまうんですよね。

自撮りか他撮りかの判断基準は、撮影機器と被写体との距離です。

自撮り→近い
他撮り→遠い

となります。

人間の腕の長さって大体70センチくらいなので、自撮りだと被写体と撮影機器との距離が1メートル以内になります。

ただ、自撮り棒は50〜80センチあります。
腕の長さを足すと、

自撮り棒(50〜80センチ)+腕の長さ(70センチ)=120〜150センチ

となり、自撮りっぽくならないですね。

ミニ三脚は距離に制限はないので、完全に他撮りのような写真になります。

僕は出会い系のプロフィール写真は、全てミニ三脚を使って撮影しました。

多少値段は張りますが、プロフィール写真の質次第でたくさんの女の子と出会えるかどうか決まるといっても過言ではありません。

決して、無駄にならない投資かなと思います。

他撮り(素人)

他撮り(素人)

友人や会社の同僚、身内にお願いして撮影してもらうのも良いですね。

ただ、「出会い系用のプロフィール写真を撮って欲しい」と言うのは、正直恥ずかしいですよね?

納得のいく写真に出会えるまで何十回、何百回撮る事もありますが、そんなに友人に付き合わるのも気が引けるでしょう。

そんな場合、自撮りかプロに任せるのが良いですね。

他撮り(プロ)

他撮り(プロ)

本気で恋人、セフレを作りたいのであれば、プロに撮影を頼むのがベストです。

費用はかかりますが、あなたが一番カッコよく見える角度などを分析して撮影してくれます。

マッチングアプリで本気で恋活、婚活する女性は、カメラマンに頼む事が多いみたいです。

あなたは婚活までは考えていないと思いますが、他の男性との差別化にもなるので、選択肢としてはアリだと思います。

プロ撮影については、詳しくは後述します。

自撮り写真を上手く撮るコツ

自撮り写真を上手く撮るコツですが、下記の点を意識すれば良いですね。

・正面から撮らない
・暗い場所で撮らない
・顎を上げない
・何回も撮る

詳しく解説しますね。

正面から撮らない

基本、正面から撮らない方が良いですね。

運転免許証や学生証を思い浮かべて貰えれば分かりやすいと思うのですが、正面からの写真でかっこいい人ってごく一部です。

ジャニーズ級であれば正面から撮ってもかっこいいかもしれませんが、普通の方は避けた方が無難ですね。

コツは「斜め45度」からの角度で撮る事です。
正面から撮るよりも、はるかに良い感じで撮影できると思います。

ただ、ベストな角度は人によって違うので、何回も撮影してベストな角度を見つけましょう。

暗い場所では撮らない

撮影において「光」はものすごく重要です。
美容系Youtuberのほとんどは、ビデオカメラの後ろに照明を置いて、自分の顔をきれいに見せています。

照明があれば理想ですが、無くても加工アプリで明るくすることは出来ます。

しかし、暗い場所で撮影をすると、明らかに加工した感じが出てしまうので、基本的には明るい場所で撮影しましょう。

顎を上げない

顎を上げて撮影をしてしまうと、顔が大きく見えます。
さらに横柄な印象を与えてしまいますね。

運転免許鵜の撮影をする時も「顎を引いてください」を口酸っぱく言われます。

顎を引いて撮影しましょう。

何回も撮る

たった1回だけの撮影で、あなたにとっての奇跡の写真を作るのはまず不可能です。

何回も撮影をして納得できる写真を模索する事が、出会い系で反応の取れる写真を作る本質となります。

加工アプリを使おう

プロフィール写真について、加工アプリは使った方が良いですね。
必ずしもプロフィール写真に最適な環境で撮影出来るとも限らないので、アプリで加工して改善した方が良いと思います。

ただ、あまりにも加工しすぎると、いざ会った時に「写真と違うじゃん!」となって、お相手の気持ちは一気に下がってしまいます。

期待値が高いほど、実物とのギャップが激しいと残念な気持ちになります。
加工については「ほどほど」にするのが鉄則ですね。

ガチで出会いを求めたい場合はプロに頼むのがベスト

先述しましたが、ガチで出会い系を使って女の子と遊びたい方は、プロのカメラマンに頼むのがベストだと思います。
自撮りのコツを抑えて加工アプリを使ったとしても、プロの撮影した写真には勝てません。

・撮影テクニック
・撮影知識
・撮影機材の機能

どれを比較しても、すべてプロのカメラマンが勝ります。

プロのカメラマンが提供しているサービスは、高い所だと5万円くらいします。
フォトスタジオは多少安くになりますが、撮影場所が限定されるのがネックですね。

調べてみたところ、ピクスタ株式会社が提供しているfotowaは比較的使いやすそうです。

最近はやりの出張撮影マッチングサービスってやつでして、マッチングアプリの仕組みと似ていますね。
写真を撮ってほしい人と写真撮影のスキルを持つ人を繋ぎあわせるサービスです。

Lovegraphの料金ですが、

・平日は税抜19800円
・土日祝は税抜23800円

となります。
ちょっと高いかもですね。

ただ、

・75枚以上の写真データ
・フォトグラファー(カメラマン)指名料
・60分の撮影料金
・出張交通費

は全て込みです。

Lovegraphには約1000人のカメラマンの登録があり、さらに47都道府県に対応しています。

プロに頼めば、ほかの男性ユーザーとの差別化になるので、お金に多少の余裕があれば良いかもしれません。
ピクスタ株式会社は東証マザーズに上場しているので、企業としての信頼も大丈夫ですね。

fotowaでプロのカメラマンに撮影を依頼する

-出会い系アプリ攻略

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.