恋愛コラム

風俗に行かなくなった理由と代わりに見つけたものとは?

2019年8月20日

風俗に行かなくなった理由

 

風俗って楽しいし性欲も処理できるけど、正直行かない方が良いかもって考えていませんか?

そんなあなたに、風俗を卒業してほしい理由などを、僕の実体験をもとにお話ししたいと思います。

風俗に行かなくなった理由

風俗

僕が最後に風俗に行ったのは25歳の頃です。
最後に行ってから5年以上経ちました。

僕が風俗に行かなくなった理由は下記の通りです。

・高すぎる
・仕事感覚が無理
・外れを引いた時に後悔する
・当たりでも虚しい
・残念な男に成り下がる
・オ◯ニーならタダ

一つ一つ解説します、

高すぎる

風俗って高すぎませんか。
安い所で1万円、高い所だと5万円くらいしますよね。

風俗遊びをケチったとしても1万円くらいは飛ぶので、何回考えてもコスパ悪すぎます。

1万円あったら

・日帰り旅行可能
・美味しい焼肉屋行ける
・半月分の食費代
・ジム行ける
・ちょっといい革靴買える

どう考えても、風俗以外にお金を使った方が有意義です。

たった1時間のプレイで性的欲求を満たすために1万円を払うのは、ぶっちゃけ馬鹿馬鹿しいと思います。

女の子の仕事感覚が無理

個人の価値観によるかもですが、仕事感覚でプレイするのが無理でした。

いくら性的サービスとはいえ、どこまでいっても女の子は仕事で接します。
究極の接客業と言われるくらいで、女の子はお金のために日々男とエッチなことをします。

なので、ベッドの上でイチャイチャしていても「この子は仕事なんだろうなぁ」と思ってしまって、なんか萎えちゃうんですよね。

さらに時間内にお客様に発射してもらう必要があるので、完全に作業と化したサービスを受けるのも、なんか苦痛です。

女の子からの愛情を一切感じないプレイは、後に何も残らないと感じます。

外れを引いた時に後悔する

風俗遊びって「当たりかハズレか」で、男友達と盛り上がります。

確かに盛り上がるのは楽しいのですが、外れを引いた時のお金をドブに捨てた感覚は辛すぎますね。

言い方はあれですが、ブスやデブにお金を支払うくらいなら、貧困な国に寄付をした方がよっぽど価値があると思います。

とはいえ、風俗は性的サービスに対して対価を支払うので、サービスを受けた後に「やっぱ払うのなし」なんてことはできません。

ハズレだった場合、本当にマイナスな感情しか残らないので、二度と行きたく無くなります。

当たりでも虚しい

当たりでも虚しいです。
なぜなら風俗だから。

お金を支払えば、誰でも女性といやらしい事ができるのが風俗です。

どれだけモテない男でもお金さえあれば性欲を満たす事が出来ますが、風俗に通い続けてる限り一生モテないと思います。

本来は外見、内面を磨く努力をした先に、女性を抱くという行為を得る事が出来ます。

ただ、風俗はそれらの面倒な過程を、お金という手段を使って一気にゴールまでジャンプする遊びです。

楽ちんといえばそれまでなんですが、人間的成長は見込めないので、ただ己の性欲処理にお金を垂れ流すだけですね。

自己投資ではなく浪費なので、アタリであっても虚しさは拭えません。

残念な男に成り下がる

ぶっちゃけモテる男で風俗行く人っていないんですよね。
なぜなら風俗行く必要がないから。

風俗に行く=モテない男なんです。
たとえ友達付き合いであったとしても、モテる男だったら風俗は断ります。

俺は風俗行かねーぞというポリシーがあった方がかっこいいですよね。

風俗に行ってしまうと、

 

結局俺は風俗でしか女を抱く事は出来ないのか

 

と、自己嫌悪が発生します。

気にするなと言われればそれまでですが、風俗はモテない男のためのビジネスなので、嫌でも頭によぎります。

僕はモテる男になりたかったので、風俗は行かなくなりました。

オナニーならタダ

これまで、いかにも風俗を行かない事を正当化した理由を述べてきましたが、オナニーならタダというのが全てかもしれません。

男である以上、射精欲から逃れません。
だからこそ、風俗産業は無くならないわけです。

でも、わざわざお金を支払う必要は無く、射精するだけだったらオナニー十分です。

100歩譲って女の子の人肌を求めているのであれば、まだましかなと思います。

しかし、単に射精したいってだけであれば、オナニーにしておきましょう。
1万円のお金を他に使った方が絶対に有意義です。

付き合いならば多少OK

付き合い

とはいえ、人付き合いで風俗に行かなかればならない人もいると思います。
女の子はなかなか理解できない話ですが、男なら仕方がないですよね。

せめて2回に1回は断りましょう。
断る勇気を持った方が、精神的に楽だと思います。

性欲処理は出会い系で代用

出会い系

風俗に行かなくなったわけですが、性欲が無くなるわけではありません。

湧き上がる性欲は

・オナニーする
・セックスする

の2通りでしか解消されません。
めっちゃシンプルですよね。

僕はセックスに関しては出会い系で解消しています。
割り切り(援交)ではなく、純粋な素人女性とデートをしてセックスをします。

出会い系であれば

・料金も風俗より安い(月数千円)
・女の子は素人(仕事感覚ならない)

なので、上述のデメリットを打ち消してくれます。

ホテル代とは別途必要ですが、一人暮らしの人であれば節約できますね。

また、女の子は完全素人なので、

・仕事感覚でのセックスが嫌
・風俗が終わった時の虚無感が耐えられない

という感情も抱く事は無くなるかなと思います。

他の出会い系ブログを見ると、「簡単にセックス出来ます」みたいな事を書いていますよね。

これに関しては個人差あります。
デブの不細工な男が美女とセックスなんで、まず無理です(割り切りだったら可能)

ただ、普通のルックスであれば、一般的な出会いに比べて、遥かにセックスは出来るのは間違いないです。

理由は「女の子も出会いを求めている」から。

基本的に出会いを求める理由なんて

・恋活目的
・セックス目的

の2種類しかないので、一般的な出会いの場所よりも楽にセックス出来ると思います。

出会い系、マッチングアプリ体験談」にて、僕が出会い系で出会った女の子との体験談を載せています。

50人以上の女の子との体験談を載せているので、信憑性もあるかなと思います。

-恋愛コラム

Copyright© モテ隊 , 2019 All Rights Reserved.